IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年11月13日(土)

11R

2021年11月13日(土) | 5回阪神3日 | 15:45発走

第56回デイリー杯2歳ステークス(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

1600mか1800mの新馬・未勝利戦を快勝してきた馬が中心

配当傾向

過去10年、勝ち馬は1番人気から6番人気に散らばり、複勝率はほぼ人気と比例している。1〜3番人気が計[6.6.5.13]、勝率20.0%・連対率40.0%で軸候補。4〜6番人気が計[4.2.4.20]、勝率13.3%・連対率20.0%でヒネるならここから買う手もありそう。7〜8番人気の2着・3着はあるが、9番人気以下は[0.0.0.26]で期待できない。上位人気が満遍なく走っているため、ガチガチではないが大荒れもない、というイメージ。馬連は220円〜10840円で万馬券1回、3連複は430円〜15710円で万馬券1回、3連単は890円〜94030円で万馬券は5回だ。無理に高配当を狙うのは禁物だろう。単勝オッズでいうと10倍未満の馬が[9.7.7.17]だから、まずはこの範囲の馬たちで馬券を構成し、念のためそれ以上の馬を1〜2頭ピックアップする戦略が考えられる。

前走傾向

前走が重賞だった馬は[1.2.3.10]と意外に冴えない。馬券に絡んだ6頭は1〜4番人気なので、馬券的な妙味も少なそうだ。前走がオープン特別だった馬は[2.2.3.18]。こちらは3着以内の7頭中6頭が前走1着と勢いのある馬たちだった。新馬戦を勝ち上がってきたばかりの馬が[4.2.2.18]、未勝利を勝ってきた馬が[3.4.2.20]で、ともに勝率10%オーバー。この「前走で初勝利」という馬たちのうち、前走距離が芝1600mであれば[4.3.1.10]、芝1800mなら[2.1.1.8]、それ以外だと[1.2.2.20]だから、絞り込む際の参考にしたい。前走のクラスにかかわらず、前走が1〜2番人気なら[9.7.7.35]、3番人気以下なら[1.3.3.39]。また前走の上がり3ハロンがメンバー中1位か2位なら[9.9.7.43]、3位以下なら[1.1.3.29]。末脚の鋭さが必要となるレースだ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[6.7.5.32]、勝率12.0%・連対率26.0%・複勝率36.0%と上々の数字。毎年連に絡んでいて、まずは中心視していい。4番人気以下でも[3.3.2.25]なので、人気サイドでなくとも買える系統だ。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬は[0.2.0.6]。未勝利だが連対率25.0%なので一応の注意は必要だろう。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[3.0.1.14]、勝率16.7%と好調。馬券に絡んだ4頭は2番人気か5番人気で、すべて母父はサンデーサイレンス系、3勝のうち2勝が牝馬、という点を覚えておきたい。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.1.1.17]。馬券に絡んだ3頭はすべて2番人気だったから、人気サイドだけは要注意だ。ナスルーラ系種牡馬の産駒は[0.0.3.5]。7番人気ノーブルマーズが3着に来ているように、3着の穴として機能するかもしれない。

母の父の系統別成績は、ミスタープロスペクター系が[4.3.2.16]で勝率16.0%、サンデーサイレンス系が[4.1.2.16]で勝率17.4%と、この2系統が双璧。次いでノーザンダンサー系が[2.2.2.28]で、走れなくはない、といった評価。ナスルーラ系は[0.3.1.10]と、数字的には劣る。

また父がサンデーサイレンス系でない場合、母父サンデーサイレンス系しか勝てない、という状況が続いているのもポイントだ。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。