IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年1月17日(日)

11R

2021年1月17日(日) | 1回中京6日 | 15:35発走

第68回日経新春杯(GII)

芝・左 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 | レコードが出たレース

前走・芝中長距離重賞で8着以内の馬が中心。馬券は人気サイド+人気薄で

配当傾向

過去10年で1番人気が[4.3.1.2]、2番人気が[4.1.0.5]。馬券のアタマや連軸はこの両者だ。3〜8番人気が[1.5.8.46]で2〜3着候補。[1.1.1.50]の10番人気以下も数年に1頭は激走する印象があり、馬券に組み込んでおくと楽しみが広がる。ただし馬連は1000円未満が5回、万馬券は1回だけ。3連複は450円〜35650円で万馬券は3回。3連単は4ケタ配当が5回、万馬券が3回、11万馬券と20万馬券が1回ずつ。着順上位すべてが人気薄だったのは2015年(6−10−7番人気)くらいで、超大荒れが連発するレースではない。1〜2番人気が軸馬と対抗、ヒモに3番人気以下という組み合わせで、馬連なら手堅く攻めるのが無難。少しでも高配当を狙うなら3連複の流し、あるいは3連単のフォーメーションやマルチで買うのがベターかも知れない。

前走傾向

前走が芝2000m〜3000mだった馬が[10.9.9.88]、それ以外だと[0.1.1.25]。ここでは前者の好走パターン組だけを見ていこう。前走が重賞だと[7.4.5.55]で勝率9.9%だが、前走8着以内に絞ると[7.4.3.19]で勝率は21.2%へと跳ね上がる。これが本命候補の目安だ。好走パターン組のうち、前走が条件戦だった馬も[3.5.3.21]で勝率9.4%なら十分勝負になる。この組は前走1着なら[2.5.2.6]、前走1〜2番人気なら[2.4.1.11]なので、やはり狙うなら前走上位人気・上位着順の馬だろう。狙いにくいのは前走がオープン特別だった馬で[0.0.1.12]と大苦戦。また前走クラスに関係なく勝ち馬から1秒以上離されていると[0.0.1.41]と巻き返しは困難。前走阪神競馬場組(主として前年12月に阪神で走った馬)も[0.3.3.16]と勝ちあぐねている点には要注意だ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は[5.9.8.64]。2018年と2019年は1・2・3着、昨年も1・2着を占めた。ただ出走頭数の多さゆえに好走馬も多いという印象で、勝率は5.8%止まり。2〜3着が多く、馬券ではアタマよりも馬連や3連複の軸として考えたいところだ。

個別の種牡馬ではディープインパクトが[2.2.2.15]とたびたび上位に来ているほか、ステイゴールドが[1.1.1.5]、ハーツクライが[1.1.0.6]など、2400m型が好成績を収めているのが特徴だ。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[0.1.0.12]と勝ち切れず、ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[0.0.0.17]で、ここ10年は馬券に絡んでいない。ナスルーラ系も[0.0.0.7]だ。

以上の各系統を抑えてミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が[5.0.2.12]と、なかなか好調だ。昨年もサマーバード産駒エーティーラッセンが11番人気で3着に粘った。馬券に絡んだ7頭のうち5頭はキングカメハメハ産駒。キングカメハメハ産駒は[4.0.1.8]で勝率30.8%と、このレースでもっとも注目すべき種牡馬といえる。

母父の系統別成績はナスルーラ系が[4.1.2.21]で、勝率14.3%とハイアベレージ。3番人気以内に限れば[3.1.0.1]と信頼度は抜群だ。[2.1.2.24]で勝率6.9%のサンデーサイレンス系、[2.4.3.30]で勝率5.1%のノーザンダンサー系、[1.3.0.15]で勝率5.3%のミスタープロスペクター系などと比べて、明らかに成績のいい母父ナスルーラ系は必ずチェックしたい。
Yahoo! toto

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。