IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年4月10日(土)

11R

2021年4月10日(土) | 3回中山5日 | 15:45発走

第39回ニュージーランドトロフィー(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

前走・重賞6着以内馬と1勝クラス快勝馬の戦いも、荒れる可能性大

配当傾向

過去10年で1番人気は[2.2.1.5]と半分が馬券圏外に敗れている。代わって2番人気が[4.1.2.3]と好調、3番人気は[0.2.0.8]と不振。4〜9番人気が[2.4.5.49]と馬券に絡み、10番人気以下も12番人気の2勝を含め[2.1.2.63]と激走している。全体として人気をアテにできず、配当的にも堅く収まることは、ほぼないといっていい。馬連は最低が950円、4ケタ配当(1090円〜2940円)が計6回、残り3回が万馬券。3連複は6回が1980円〜8880円の4ケタ配当、万馬券が3回+19万馬券が1回。3連単は最低が9080円、10回中9回が万馬券以上で、2011年が27万馬券、2013年は19万馬券、2016年は105万馬券、2017年は49万馬券と高配当がたびたび出ている。2番人気を中心に2ケタ人気まで幅広くピックアップし、フォーメーションやマルチ馬券で挑みたいところだ。

前走傾向

[3.1.4.25]のファルコンS組を含め、前走が重賞だった馬は[7.4.7.64]で勝率8.5%、連対率13.4%。この組は前走6着以内で[7.2.6.28]、7着以下で[0.2.1.36]となり、ここがボーダーラインか。前走がオープン特別だと[0.1.1.17]と不振。前走500万下(1勝クラス)組は[2.5.2.44]で、勝率は3.8%止まりだが連対率は重賞組と互角の13.2%だ。この組は前走1〜2番人気で[2.4.1.18]、前走1着で[2.4.2.34]、前走・芝1600m戦なら[2.3.1.30]となっている。未勝利戦を勝ち上がってきた馬は[1.0.0.2]で、マイル戦ばかり使われて[1.2.0.0]という戦績のワイドファラオが2019年に勝っているが、「重賞6着以内馬」と「1勝クラスのマイル戦を人気で勝ってきた馬」の戦いといえそうだ。前走がダートだと[0.0.1.7]、前走が1200mだと[0.1.1.8]と苦しくなる。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は[4.5.4.59]。馬券に絡む回数は多いが、勝率5.6%、連対率12.5%、複勝率18.1%は平均以下の数字だ。ただし12番人気のジョーストリクトリ(父ジョーカプチーノ)が勝ち、同じく12番人気のエクラミレネール(父マツリダゴッホ)が3着。人気薄でも走れるので侮れない。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系は[1.1.1.10]。2016年にブライアンズタイム産駒が勝ち、昨年はエピファネイアとスクリーンヒーローの子が2着・3着。ナスルーラ系種牡馬の産駒は[1.1.1.8]。どちらも少ない出走数ながらアベレージは水準以上、今後も何年かに一度は好走してくれそうだ。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[3.1.1.23]。勝率10.7%は主要系統中トップで、ロックオブジブラルタル産駒エイシンオスマンが12番人気1着、未勝利を勝ったばかりのワイドファラオ(父ヘニーヒューズ)も1着と、無視できない血統だ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.2.3.27]と勝ちあぐねているが、3着以内に入った6頭のうち4頭が7番人気以下。ヒモ穴として注意したい。

母の父の系統別成績では、ミスタープロスペクター系が[4.3.0.21]で勝率14.3%、サンデーサイレンス系が[3.1.3.22]で勝率10.3%と争っている。ノーザンダンサー系は[2.3.4.43]で、勝率は3.8%と低いものの10番人気以下が3頭も馬券に絡んでいて要注意だ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。