IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年1月24日(日)

11R

2021年1月24日(日) | 1回中山8日 | 15:45発走

第62回アメリカジョッキークラブカップ(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:曇 | 馬場:不良 | 4歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

有馬記念組など前走でG1を走った馬の勝率が高い

配当傾向

過去10年間で1番人気は[3.3.0.4]、2番人気は[3.1.2.4]で、両者ほぼ互角。3〜7番人気が[4.5.7.34]で、8番人気以下は[0.1.1.62]と好走率がガクっと下がる。単勝オッズでいうと、7.0倍未満の馬が[7.5.2.11]で勝率28.0%、複勝率56.0%と、かなりの好成績。7.0倍〜14.9倍のゾーンが[2.2.6.21]で複勝率32.3%、15.0倍〜39.9倍の馬が[1.2.1.16]で複勝率20.0%、40倍以上の馬は[0.1.1.56]となる。馬連は300円〜14960円の範囲で万馬券2回。3連複は560円〜52170円で万馬券3回。3連単は1270円〜299470円の範囲で、4ケタ配当1回、万馬券6回、10万馬券以上3回。1〜2番人気から3〜7番人気に流すのが基本で、特に単勝7.0倍未満の馬は多めにピックアップ。7.0倍〜14.9倍の馬を3着に組み込んだ3連単フォーメーションも面白そうだ。

前走傾向

前走がG1(海外含む)だった馬が[6.3.2.21]で勝率18.8%。勝ち馬6頭はすべて前走で4着以下に敗れていたので、この組は大敗からの巻き返しも十分にありうる。レース別では有馬記念組が[4.0.1.8]と上々だ。前走G2組が[3.0.2.18]、勝率13.0%でG1組に続く。こちらは馬券に絡んだ5頭のうち4頭が前走2〜3着、残り1頭も8着ながら勝ち馬とは0.6秒差。G2で好勝負していることが条件となる。G3組+オープン特別組が計[0.7.5.52]で2〜3着候補にピッタリ。馬券圏内の12頭中10頭は前走1着または勝ち馬から0.6秒差だったから、やはり前走で好勝負している必要がある。準オープン組は[1.0.1.13]。菊花賞5着から前走1着のダンビュライト、菊花賞13着から前走1着のミライヘノツバサと、経験を着々と積んでいる明け4歳勢なら買えそうだ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は[4.6.8.67]で勝率は4.7%止まり。ただし6番人気以下で[2.1.3.51]と穴馬の1着には注意したいところ(他の系統は6番人気以下で勝っていない)。サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[0.2.0.12]とイマイチだ。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[2.2.0.8]。ミヤビランベリとクリールカイザーが逃げて連対し、トランスワープとブラストワンピースは先行策から勝ち負けに持ち込んだ。この系統は前で競馬ができるかどうかがカギとなりそうだ。

ナスルーラ系種牡馬の産駒は[2.0.1.5]。勝ったのは1番人気トーセンジョーダンと2番人気ヴェルデグリーン、3着は2番人気エアソミュールと、人気サイドだけが走っている。しかも3頭ともジャングルポケット産駒だった。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[2.0.0.12]。キングカメハメハ産駒ルーラーシップが1番人気1着、ルーラーシップ産駒ダンビュライトが2番人気1着となった。人気なら押さえておきたい。

母の父の系統別成績を見ると、ミスタープロスペクター系が[4.1.1.8]で勝率28.6%、連対率35.7%、複勝率42.9%と断然の成績。いれば忘れずに馬券の対象としたい。

サンデーサイレンス系が[2.1.2.19]の勝率8.3%、ノーザンダンサー系が[2.4.2.30]で5.3%、ナスルーラ系が[1.1.2.21]で4.0%と、好走馬は各系統から満遍なく出ているイメージ。ただ、サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系だけは[0.2.1.14]と勝ち切れていない。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。