IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年4月12日(日)

11R

2020年4月12日(日) | 2回阪神6日 | 15:40発走

第80回桜花賞(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:雨 | 馬場:重 | 3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

前哨戦の上位人気・上位着順馬に注目。堅いか大荒れかの見極めも重要

配当傾向

過去10年で1番人気は[2.2.1.5]、2番人気は[4.3.0.3]と、後者がリード。3番人気が[1.2.3.4]で、ここまでの合計が[7.7.4.12]だ。1〜3番人気が勝った7回を見ると、馬連は370円〜4410円、3連複は830円〜8500円、3連単は2540円〜38520円で万馬券4回。この7年で馬券に絡んだ21頭のうち18頭は5番人気以内、いわば「堅い年」だ。他の3年は、7、5、8番人気が勝利し、馬券に絡んだ9頭のうち5番人気以内は4頭、7番人気以下が5頭。馬連は3300円、7860円、17000円、3連複は5020円、34480円、10万馬券、3連単は94890円、23万馬券、67万馬券と配当も大きくなる。上位人気馬の軸は堅いと思ったら1〜5番人気中心にまとめる、荒れると感じれば7番人気以下を複数頭組み込んで高配当狙い、という2段構えで馬券を考えたい。

前走傾向

チューリップ賞組が過去10年で[6.6.6.26]。G2昇格後の近2年は[0.2.1.5]と勝ち切れていないが、一応の主軸と見ていいだろう。チューリップ賞1〜3着なら[5.4.4.15]とさらに安定感が増す。フィリーズレビュー組は[1.0.2.54]で、やや不振。前走連対なら[1.0.2.16]だが、3着以下だと[0.0.0.38]で用なしだ。他ではエルフィンS組、シンザン記念組、朝日杯FS以来の馬が各1勝。以上5レース以外からの臨戦は[0.4.2.64]と2着候補だ。この組は前走1着で[0.4.2.22]だから、勝っていることが桜花賞好走の必須条件。また前走がどのレースであっても、そこで1〜2番人気なら[9.7.5.53]で勝率12.2%、3番人気以下だと[1.3.5.95]で勝率1.0%と大きな差が生まれている。前走で1秒以上負けていた馬も[0.1.1.20]と大敗からの巻き返しは難しそうだ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[7.8.4.82]。過去10年で1・2・3フィニッシュが2回、1・2フィニッシュが4回ある。3番人気以内に限れば[5.5.0.9]。人気サイドのサンデーサイレンス系がレースの主役と見て間違いない。種牡馬別ではディープインパクトが[5.4.1.23]と好相性。馬券からは外せない。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が[3.0.3.24]。勝率10.0%はサンデーサイレンス系を上回る。馬券に絡んだのはキングカメハメハ産駒が4頭、ロードカナロアとルーラーシップの産駒が各1頭。これら“キングカメハメハ系 は忘れずにチェックしたい。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[0.1.2.24]、ナスルーラ系は[0.1.1.9]、サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系は[0.0.0.8]と苦戦。この3系統から馬券に絡んだ5頭は1番人気か3番人気だった。人気サイドだけを押さえればいいのではないだろうか。

母の父の系統別成績を見ると、ノーザンダンサー系種牡馬が[5.3.3.52]と安定。とりわけ父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系という配合が[4.3.1.37]とよく馬券に絡む。父ミスタープロスペクター系×母父サンデーサイレンス系という配合も[2.0.1.8]で要注目だ。

逆に苦しんでいるのは[0.3.2.25]の母父ミスタープロスペクター系。割り引いて考えたい。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。