IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年10月25日(日)

11R

2020年10月25日(日) | 4回京都6日 | 15:40発走

第81回菊花賞(GI)

芝・右・外 3000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:12000、4800、3000、1800、1200万円 | レコードが出たレース

神戸新聞杯の上位馬が中心。1000万下快勝馬の激走にも要注意

配当傾向

過去10年間の1番人気は[5.1.1.3]で勝率50%。これを嫌うなら、[0.3.0.7]と勝てていない2番人気より、[5.3.5.37]の3〜7番人気ゾーンか。8〜13番人気が[0.3.3.54]でヒモ穴だ。単勝オッズで見ると、2倍未満だった3頭はすべて勝利。2倍〜9.9倍の馬は[4.5.2.14]で複勝率44.0%、10倍〜29.9倍が[3.4.5.46]で複勝率20.7%と、ここまでは抑えたいところ。30倍以上は[0.1.3.90]なので、よほどのプラス要素がないと狙いづらい。馬連は330〜10660円で万馬券は1回、3連複は1050〜136350円で万馬券以上が5回、3連単は万馬券が6回、10万馬券以上が3回で最高は559700円という分布。抜けた1番人気から手堅く馬連を買い、手広く流して3連複・3連単の高配当を狙う手が第一のパターン。3〜7番人気を多めに拾ったボックスやマルチも面白そうだ。

前走傾向

神戸新聞杯組が過去10年で[8.6.4.46]。同レース勝ち馬が[4.1.1.1]、2着馬が[1.4.1.3]、3着馬が[3.1.0.5]なのに対し、4着以下は[0.0.2.37]と一気に好走確率は下がる。セントライト記念組は[1.3.1.47]と苦戦。こちらは3着以下だと[0.1.0.37]と絶不調だ。その他の重賞からも[1.1.0.6]、フィエールマンが勝っている。オープン特別や条件戦からだと[0.0.5.50]。3着になった5頭(13番人気ビートブラック、3番人気バンデ、7番人気ゴールドアクター、13番人気ポポカテペトル、10番人気ユーキャンスマイル)は「前走芝2200m以上の1000万下で先行して快勝してきた馬」だった。こういうタイプは穴馬として注意しておきたい。前走のクラスに関わらず、前走1番人気だと[5.1.2.31]、前走10番人気以下だと[0.1.0.14]というのも目立つデータだ。

血統傾向

サンデーサイレンス(SS)系種牡馬の産駒が[7.8.6.93]。勝率6.1%は高い数字ではないが、過去10年で1・2・3フィニッシュが3回、1・2フィニッシュも3回と中心視すべき存在だ。

馬券に絡んだ21頭中15頭が神戸新聞杯かセントライト記念の1〜3着馬。この条件に該当するなら馬券に組み込んでおきたい。またSS系は6番人気以下でも[1.3.3.72]と穴馬がたびたび好走する点も見逃せない。

SS系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[1.1.1.12]。前走連対なら[1.1.1.6]、3着以下なら[0.0.0.6]だから、前走着順で取捨選択を決めたい。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.1.2.21]。馬券に絡んだ4頭のうち3頭は父キングカメハメハ×母父SS系、残り1頭は父ルーラーシップ×母父ディープインパクトのキセキ。こうした配合には注意すべきだろう。

ナスルーラ系種牡馬の産駒は[1.0.0.6]で、勝ったのは神戸新聞杯で先行して3着のビッグウィーク。ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[0.0.1.18]で、馬券に絡んだのは前走逃げて楽勝したバンデ。この2系統は前に行けるかどうかがカギになりそうだ。

勝ち馬の父はバゴ(凱旋門賞)、ステイゴールド(香港ヴァーズ)、シンボリクリスエス(日本ダービー2着)、スペシャルウィーク(日本ダービーとジャパンC)、ディープインパクト(日本ダービーとジャパンC)、ルーラーシップ(ジャパンC3着)と、2400mG1で勝ち負けできる底力はほぼ必須といえる。該当しないのはキタサンブラックの父ブラックタイドくらいだ。

母父の系統別成績を見ると幅広い系統から1〜3着馬が出ている。SS系以外のヘイルトゥリーズン系は[0.1.1.16]と未勝利だが、これを除けば大きな有利・不利はなさそうだ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。