IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年10月18日(日)

11R

2020年10月18日(日) | 4回京都4日 | 15:40発走

第25回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | 3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

前哨戦上位馬が軸。超大荒れもあったが、配当は意外と常識的

配当傾向

過去10年で1番人気は[4.1.1.4]、3番人気が[4.0.1.5]で4勝ずつ。2番人気が[1.3.1.5]、4番人気が[1.2.1.6]で、ここまでの合計が[10.6.4.20]だ。単勝オッズでは7.0倍未満が[9.4.1.9]なので、まずはこの範囲から本命馬を決めたい。5〜8番人気が[0.4.4.32]、単勝オッズ7.0〜39.9倍の馬が[1.6.8.58]で、この範囲がヒモ穴。9番人気以下は[0.0.2.95]、40.0倍以上は[0.0.1.80]で、かなり苦しい。4番人気までが比較的安定しているせいで、馬連は250円〜3550円、3連複は1720円〜50030円で万馬券は3回だけと、超高配当は出ていない。さすがに3連単となると10回中8回は万馬券だが、10万馬券以上は1回だけ(233560円)だ。アタマは1〜4番人気、2〜3着には5〜8番人気も混ぜた流し馬券やフォーメーションで買うのがセオリーとなりそうだ。

前走傾向

ローズS組は過去10年で[4.6.7.56]と、意外に勝ち切れていない。ローズSで1〜4番人気なら[4.4.3.20]、4着以内なら[4.5.5.23]、1着または0.2秒差以内なら[4.4.5.14]だから、まずはこれらの条件で絞り込みたい。ただしローズSから乗り替わりがあると[0.0.2.15]なので、鞍上固定は絶対条件だ。紫苑S組は[3.2.0.42]。連対した5頭は紫苑S3番人気以内、5頭中4頭は紫苑S1〜3着。このタイプには引き続き要注意だ。ほかではクイーンS勝ち馬が[1.0.1.2]なので、古馬相手に勝負強さを見せた馬も無視できない。以上3レース以外からの臨戦だと[2.2.2.44]で、勝ったのはオークス以来のアーモンドアイ(オークス1番人気1着)とクロノジェネシス(オークス2番人気3着)。オークスで高評価・3着以内なら久々でも無視しない方がいいだろう。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は[5.10.2.88]。勝率4.8%は自慢できる数字ではないが、10年連続で連対、2012〜2016年は5年連続でワン・ツー・フィニッシュ。軸馬には最適だ。1〜3番人気だと[5.4.1.11]、4番人気以下では[0.6.1.77]だから「人気サイドなら連軸か馬単・3連単のアタマ、そうでなければ2着候補」と使い分けるのがコツだ。

非サンデーサイレンス系のヘイルトゥリーズン系は[0.0.1.10]。ほとんどが10番人気以下なので無理もないが、穴馬の激走が少ないのは事実だ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[2.0.4.21]で、アパパネとアーモンドアイの三冠達成が印象深い。また4〜8番人気で3着に4回来ている。3着の穴としても買っておきたい。

ナスルーラ系は[2.0.1.6]。1着アヴェンチュラと3着アプリコットフィズはクイーンS勝ち馬、昨年1着のクロノジェネシスはオークス3着以来だった。トライアル組より、ある程度間隔を空けた馬の方がいいのかも知れない。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.0.2.20]。重馬場だった2017年にハービンジャー産駒が1着と3着になったが、馬券に絡む確率はかなり低い。

母の父の系統別成績は、ノーザンダンサー系が[5.6.2.53]とよく馬券に絡むものの、[3.0.6.27]のサンデーサイレンス系とアベレージ的にはほぼ互角。[1.2.2.25]のミスタープロスペクター系、[1.0.0.13]のヘイルトゥリーズン系は、やや苦しいか。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。