IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年10月11日(日)

11R

2020年10月11日(日) | 4回京都2日 | 15:35発走

第55回京都大賞典(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

宝塚記念組など前走重賞で上位に来ていた馬が軸だが大荒れもありうる

配当傾向

過去10年で11番人気の勝利が2回。2013年は単勝166.2倍のヒットザターゲットが1着で馬連90240円、3連複16万馬券、3連単は361万馬券。2019年は単勝90.7倍のドレッドノータスが1着で馬連53720円、3連複23万馬券、3連単は181万馬券だった。この2年を除く8回は、単勝は180円〜1840円、馬連は600円〜15750円で万馬券1回、3連複は870円〜11380円で万馬券1回、3連単は万馬券3回と12万馬券1回。この8年間に絞ると1番人気は[3.1.2.2]、2〜5番人気が[5.3.6.18]、6番人気以下が[0.4.0.45]。人気サイドを軸にし、6番人気以下を2着に混ぜたフォーメーションが狙いどころか。荒れた2年は2着が6番人気と7番人気、3着が2番人気と5番人気。荒れると思う年は幅広くピックアップしてボックスやマルチで超高配当を狙う手もありそうだ。

前走傾向

過去10年、前走が中央G1だった馬が[5.5.8.23]、G2だった馬が[1.2.0.19]、G3だった馬が[3.1.1.23]で計[9.8.9.65]。前走重賞1〜4着馬が[6.2.2.13]で本命候補、重賞5着以下だと[3.6.7.50]だから2着・3着候補として考えたい。特に「前走で負けたけれど勝ち馬からは0.9秒差以内」というタイプが[7.5.2.27]なので重視すべき条件だ。レース別では宝塚記念組が[5.1.5.11]で主力。[2.1.0.8]の新潟記念組にも要注意。天皇賞(春)以来という馬は[0.2.2.7]と惜敗が多いイメージだ。前走オープン特別組は[1.1.0.15]。連対した2頭はいずれも丹頂Sを使われていたので、今後もこのローテーションは注視したいところ。条件戦からの臨戦だと[0.1.1.5]。馬券に絡んだ2頭は3勝クラスを1番人気で勝利してきた4歳馬だった。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[4.3.6.55]。コンスタントに上位には来ているが、勝率5.9%、複勝率19.1%と数字的には並以下だ。6番人気以下で[0.1.0.36]と穴馬の激走にも期待しづらい。勝ったのはディープインパクト産駒3頭とブラックタイド産駒が1頭。この兄弟種牡馬の子なら狙っていいだろう。

その他のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[1.1.0.8]。5番人気で1着、4番人気で2着があり、人気サイドなら押さえておくべきか。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が[3.2.2.14]で勝率14.3%。3勝はローズキングダム、ヒットザターゲット、ラブリーデイで、いずれもキングカメハメハ産駒。このレースとの相性の良さがうかがえる。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒が[2.2.1.7]、勝率16.7%と優秀だ。ハービンジャー産駒が11番人気1着、6番人気2着と、穴の気配を漂わせている。

ナスルーラ系種牡馬の産駒は[0.2.1.5]。未勝利、かつ3着以内3回はすべてオウケンブルースリで、強くは推せない。

母の父の系統別成績は、まず母父サンデーサイレンス系が[4.3.3.13]で勝率17.4%、連対率30.4%、複勝率43.5%と優秀な数字。母父ノーザンダンサー系も[3.6.2.25]とたびたび馬券に絡んでいる。この2系統で馬券圏内の7割を占めるのだから、馬券には必ず加えたい。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。