2020年2月16日(日)

11R

2020年2月16日(日) | 2回京都6日 | 15:35発走

第113回京都記念(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:雨 | 馬場:重 | 4歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

前走がG1だった馬を中心に中穴狙いで挑もう

配当傾向

1番人気は8連敗中、過去10年で[2.2.2.4]と信頼感に欠け、2番人気は[0.1.5.4]とさらに不振。6番人気の4勝を筆頭に3〜6番人気が[8.7.3.22]と好調で、単勝オッズ的には7.0倍〜14.9倍の馬が[6.1.2.9]と狙い目になる。馬連は1120円〜4270円の範囲で万馬券なし。馬単は1650円〜13700円で万馬券は1回だけ。3連複は840円〜8020円で万馬券なし。3連単は10回中8回で万馬券が出ているが、最高でも81540円で10万馬券はない。7番人気以下が[0.0.0.55]と、極端な人気薄が激走していないため配当も大きく荒れていないのだろう。かといってガチガチでもなく、中穴傾向といったところか。まずは3〜6番人気の範囲から軸をピックアップし、相手も1〜6番人気まで。馬連で利益を確保しつつ3連単の流し馬券やフォーメーションで万馬券を狙いたい。

前走傾向

勝ち馬の前走は、すべて重賞だ。まずは[7.6.9.18]のG1組が主軸。有馬記念組が3勝、香港ヴァーズ組が2勝、天皇賞・秋と菊花賞から1頭ずつ勝ち馬が出ている。以上4レース合計で[7.4.4.8]、それ以外のG1が[0.2.5.10]だから前者が軸、後者は馬券のヒモ向きだろう。また前走3着以内なら[4.3.3.6]と信頼感は増すが、6着以下からも[3.2.5.9]と巻き返しているので、G1組の前走成績はあまり気にしなくてよさそうだ。G2組は[1.1.1.37]と、今ひとつ。G3組が[2.2.0.16]と善戦していて、連対馬4頭中3頭は「前走2000mで1着または勝ち馬から0.2秒差以内」というタイプだった。オープン特別・条件戦からの臨戦だと[0.1.0.14]で、馬券に絡んだのは菊花賞4着〜ディセンバーS1着だったベールドインパクトだけ。格下の馬は用なしといえる。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の成績が[5.7.7.53]。上位に来る回数は多いが、勝率は6.9%、連対率16.7%は平凡な数字だ。ただし勝ち馬5頭中、1番人気はブエナビスタ1頭だけ。残り4頭は4〜6番人気だから、人気にこだわらず買える存在といえる。その他のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[0.0.0.4]と未勝利だ。

信頼度なら次の2系統。まずミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が[3.1.2.10]で勝率18.8%、連対率25.0%。母父がサンデーサイレンス系だと[3.1.1.4]とグっと好走確率は高まる。この配合には要注目だ。

続いてノーザンダンサー系種牡馬の産駒が[2.1.1.9]で勝率15.4%、連対率23.1%。馬券に絡んだ4頭はすべて前走G1で、前走着順は12着、8着、17着、1着。相手が楽になる今回、大幅な変わり身に注意が必要だ。

ナスルーラ系の成績は[0.1.0.8]で、2着に来たのは2010年3番人気のジャガーメイル。それ以降の8頭はすべて馬券圏外に敗れていて狙いづらい。

母父の系統別成績ではミスタープロスペクター系が[4.2.0.9]の勝率26.7%と優秀。父サンデーサイレンス系×母父ミスタープロスペクター系が[2.2.0.8]、父ノーザンダンサー系×母父ミスタープロスペクター系が[2.0.0.1]なので、この2つの配合は特に買いたいところだ。

母父サンデーサイレンス系は[3.2.1.16]で、前述の通り父ミスタープロスペクター系との相性が上々。また母父サンデーサイレンス系は3番人気以内に限れば[2.1.0.0]とパーフェクト連対を誇る。

母父ノーザンダンサー系は[1.3.7.26]と3着の多さが特徴。3連単フォーメーションで買う時などに意識したい。
Yahoo! toto

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。