IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年11月1日(日)

11R

2020年11月1日(日) | 4回東京8日 | 15:40発走

第162回天皇賞(秋)(GI)

芝・左 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

1番人気の信頼度が高く、前走人気で好走した馬が中心

配当傾向

過去10年、1番人気は[5.2.1.2]。スワーヴリチャードの10着、ブエナビスタの4着もあるが、数字としては及第点だ。2番人気は[1.3.2.4]と勝ち切れていないものの、複勝率60%ならマズマズ。3番人気は[0.1.1.8]、4番人気は[0.2.0.8]とやや不調だが、5番人気は[3.0.0.7]と頑張っている。6〜13番人気は[1.2.6.70]で3着候補、14番人気以下は[0.0.0.39]と苦しい。馬連は900円〜7340円、3連複は1400円〜24850円で万馬券3回、3連単は最低が7480円で4ケタ配当は2回、万馬券6回、10万馬券以上が2回で最高は21万馬券。大きく荒れてはいないがガチガチでもないというイメージだ。ひとまずは1番人気、ヒネるなら5番人気を軸に、相手は2〜4番人気と6〜13番人気を満遍なく散らす馬券がセオリーか。とはいえ、あまり大きく振り回すのは禁物だ。

前走傾向

出走馬は3つのパターンに分けられる。まずは毎日王冠組が[3.3.5.42]。この組は1〜4番人気で[0.2.1.9]、5番人気以下で[3.1.4.33]と、穴狙いに向きそうだ。続いて宝塚記念からのぶっつけ組が[2.3.2.16]。こちらは逆に1〜3番人気時が[2.3.1.2]、4番人気以下で[0.0.1.14]。人気サイドで狙いたい。この2つ以外のJRA重賞をステップとしてきた馬が[5.4.3.73]。勝ち馬は札幌記念1着のトーセンジョーダンと2着のモーリス、京都大賞典1着のラブリーデイ、オールカマー1着のレイデオロ、安田記念3着のアーモンドアイ。すべて前走1番人気で、かつ馬券に絡んでいた。その年の中心勢力といえる馬たちだ。全ステップを通じて前走1〜3着なら[8.5.7.61]、前走1〜2番人気だと[8.7.5.32]。やはり前走では人気で好走していることがベターだ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[4.9.5.74]。出走馬の半数以上を占め、馬券にも毎年のように絡むが、2着の多さが気がかり。1〜3番人気で[2.5.1.11]と取りこぼしていて、馬券のアタマより馬連・3連複の軸候補だろう。6番人気以下で[0.2.4.55]なので、3着の穴としてしっかり拾い上げたい。

その他のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[1.0.1.6]。馬券に絡んだのは1番人気モーリスと2番人気アーネストリーで、3番人気以下だと[0.0.0.6]。人気サイドなら買っておきたい。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[4.0.3.25]。馬券に絡んだ7頭中5頭は1〜3番人気。残り2頭は5番人気で勝ったエイシンフラッシュと6番人気で3着に粘ったキセキだ。5番人気以内なら必ず馬券に組み込みたい。

ナスルーラ系が[1.0.0.16]。7番人気のトーセンジョーダンがレコード勝ちしているものの、それ以降は不振。ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[0.1.1.17]。軽視したい系統だ。

母の父の系統別成績は、さまざまな系統から勝ち馬が出ていて大きな有利不利はなさそう。その中ではノーザンダンサー系が[3.6.2.39]と馬券圏内の常連。特に父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系という配合の馬が[1.6.2.28]と2着に来ることが多い。

3着が多いのは[1.1.5.21]の母父ナスルーラ系で、3連複・3連単やワイドで重宝しそうだ。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。