IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年10月17日(土)

11R

2020年10月17日(土) | 4回東京3日 | 15:45発走

第68回アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(GII)

芝・左 1800m | 天気:雨 | 馬場:重 | 3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 | レコードが出たレース

人気サイドは頼りない。前走の位置取りや血統を要チェック

配当傾向

過去10年間で1番人気は[1.3.2.4]、2番人気は[0.2.3.5]、3番人気は[1.0.1.8]と人気馬が頼りにならないレース。4〜5番人気が計[6.3.1.10]なので、狙うならここか。7〜14番人気の穴馬は[2.2.2.68]で、1〜5番人気が3着までを占めたケースは4回、人気+人気+穴というパターンが6回ある。単勝オッズでいうと、6倍未満の馬が[1.5.5.12]と勝つのに苦労し、6.0〜9.9倍の馬が[6.2.3.10]と好調、10.0〜49.9倍の馬も[3.2.2.56]と走っている。ただし馬連万馬券は10年間で2回だけ、最高が27120円。3連複は1410円〜63410円の範囲で万馬券は4回。3連単は4290円〜423340円の範囲で10万馬券以上は3回だ。4〜5番人気・単勝6.0〜9.9倍の馬を軸にして、馬連なら人気サイドへの流し。3連複・3連単なら穴馬も絡めたボックスやフォーメーションを買いたい。

前走傾向

前走がG1(海外・地方を含む。以下同)だと[0.1.2.15]と不振。G2・G3・オープン特別組が計[8.8.6.74]で中心だ。前走連対なら[5.2.3.13]と信頼感も高い。レース別ではクイーンS組が[3.3.2.23]と好調で、また新潟記念など芝2000mからの臨戦も[3.2.2.26]と良績を残している。前走が3勝クラスだった馬も[2.0.1.25]と勝ち負けは可能。この組で馬券に絡んだ3頭は3歳か4歳で、いずれも前走1着だった。前走のクラスに関わらず、前走で5番人気以内に支持されていた馬が[8.7.9.51]で勝率10.7%と優秀。逆に前走10番人気以下だと[0.1.0.25]と望み薄だ。また前走4コーナーを3番手以内で回ってきた馬が[5.3.3.29]で勝率12.5%、4〜7番手以下だと[4.3.3.35]で8.9%、8番手以下だと[1.3.4.51]で1.7%。先行できる馬が、有利だ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は10年間で[5.8.6.70]。10年連続で馬券に絡み、1〜3着独占も3回あったが、勝率5.6%は平均以下の数字だ。ディープインパクト産駒が[0.4.2.15]と取りこぼしているのが痛い。1〜2番人気だと[0.5.4.2]なので馬連か3連複の軸馬候補、3〜5番人気だと[5.2.1.14]で頭候補と使い分けたい。サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[0.0.1.13]と不調だ。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[3.2.3.14]。勝率13.6%、複勝率36.4%は立派な数字だ。スマートシルエット(父ファルブラヴ)、ホエールキャプチャ(父クロフネ)、フロンテアクイーン(父メイショウサムソン)が2回ずつ馬券に絡んでいる。いちど好走した馬には引き続き注目したい。

ナスルーラ系種牡馬の産駒は[1.0.0.5]で勝ったのはテレグノシス産駒の10番人気マイネイサベル。ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.0.0.14]でキングカメハメハ産駒ディアデラマドレが4番人気で勝っている。この2系統、1〜3番人気では[0.0.0.5]なので、狙うなら人気サイドより人気薄か。

母の父としては[5.1.2.16]で勝率20.8%のサンデーサイレンス系に注目。父がサンデーサイレンス系ではない勝つ馬5頭は、すべて母父がサンデーサイレンス系だった点には大いに注目すべきだろう。

母父ノーザンダンサー系という馬は[1.5.6.41]と2〜3着が多い。しかも1〜5番人気で[1.5.5.11]、6番人気以下で[0.0.1.30]と、穴馬の激走は期待薄だ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。