IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年2月23日(日)

11R

2020年2月23日(日) | 1回東京8日 | 15:40発走

第37回フェブラリーステークス(GI)

ダート・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

前走高評価で上位争いをした先行タイプが中心のレース

配当傾向

過去10年で1番人気は[4.2.2.2]。着外は6歳時のトランセンドと初ダートのカレンブラックヒルだけ、現在6年連続で馬券圏内だから軸にしていいだろう。相手は[4.7.4.25]の2〜5番人気か。単勝オッズでいうと7倍未満の馬が[7.5.5.8]で勝率28.0%、複勝率68.0%と安定している。1番人気が連対した6回は、馬連が430円〜1570円、3連複は1160円〜6540円、3連単は4190円〜41560円で万馬券4回。1番人気が3着以下に負けた4回は、馬連は1470円〜84380円で万馬券3回、3連複は2140円〜55360円で万馬券3回、3連単は1419倍、1111倍、9491倍、92倍と荒れることになる。手堅くいくなら1番人気から2〜5番人気に流す馬連か3連複。大きく狙うなら2〜5番人気を厚め、1番人気は3着以下と決め打ちした3連単フォーメーションという手もありそうだ。

前走傾向

JCダート/チャンピオンズCからの直行組が[3.2.2.8]と優秀。前走で連対していれば[2.2.1.1]と信頼感が増す。東海S勝ち馬が[3.0.1.2]、根岸Sの1〜3着馬が[3.2.2.17]で、ここまでが3勝ずつで三つ巴。残り1勝はフェアウェルS9着から巻き返したコパノリッキーだ。ここまでに名前の出なかった中央・海外のレースからだと[0.0.0.31]、特に前走が芝だと[0.0.0.15]だからバッサリと切りたい。前走が地方競馬だった馬は[0.5.5.27]。[0.3.1.10]の川崎記念組と[0.2.4.10]の東京大賞典組が2着・3着候補となりそうだ。全ステップ合計の特徴としては、前走1着だと[7.4.4.25]で勝率17.5%、前走1番人気で[5.3.2.20]で勝率16.7%、前走4コーナー先頭だと[4.1.0.14]で勝率21.1%だから、人気を背負い早めの競馬から押し切った馬が強いといえそうだ。

血統傾向

過去10年、サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[5.4.0.39]。勝ち星・勝率とも主要系統中トップだが、ゴールドアリュール産駒の[4.4.0.12]に負う部分が大きい。とりわけ「1〜2番人気のゴールドアリュール産駒」は[3.2.0.0]とパーフェクト連対、残りの1勝はマンハッタンカフェ産駒グレープブランデーで、こちらは3番人気だった。人気のサンデーサイレンス系は絶対に買っておきたい。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系は[0.1.2.16]で、馬券圏内に来た3頭は2〜4番人気で、やはり人気サイド。いずれも地方競馬からのステップ(前走1〜3着)でここに臨んだ馬たちだ。

ミスタープロスペクター系は[2.2.4.35]。勝率4.7%、複勝率18.6%は自慢できないが、現在4年連続で馬券圏内と勢いはある。3着以内の8頭は、いずれも前走で連対していた。好調または充実ぶりが見られる馬なら無視できない。

ナスルーラ系は[1.3.2.11]で、複勝率35.3%は主要系統中でトップ。テスタマッタ、インカンテーション、ベストウォーリアが2回ずつ馬券に絡んでいるので、一度好走した馬には翌年以降も要注意。3頭の父は、Tapit、シニスターミニスター、Majestic Warriorと、いずれも米ダートG1勝ち馬である点も特徴だ。

ノーザンダンサー系は[1.0.2.22]。カリズマティック産駒ワンダーアキュート、Henny Hughes産駒モーニンと、やはり米ダートG1勝ち馬の産駒が好走している。

母の父の成績は[4.3.4.36]のミスタープロスペクター系、[2.1.0.16]のナスルーラ系が目立つものの、サンデーサイレンス系、ノーザンダンサー系、ロベルト〜ヘイルトゥリーズン系、ヒムヤー系が各1勝と、さまざまな系統から勝ち馬が出ている。大きな有利・不利はなさそうだ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。