IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年8月23日(日)

11R

2020年8月23日(日) | 2回札幌4日 | 15:45発走

第56回札幌記念(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(特指) 定量 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

G1で戦ってきた人気サイドとG2・G3惜敗組の戦い

配当傾向

G1馬が人気を集めることの多いレース。だがゴールドシップが2着、フィエールマンが3着に敗れるなど1番人気は過去10年で[2.4.2.2]。複勝率80%はマズマズだが勝ち切れていないのが実情だ。2〜6番人気が[8.3.5.34]、単勝オッズ10倍〜19.9倍の馬が[4.0.2.15]なので、このあたりを単穴として馬券を組み立てる手がある。7番人気以下も[0.3.3.81]だからピックアップしておきたい。ただし単勝万馬券の馬は[0.0.0.28]とノーチャンスだ。1〜3着馬の人気合計を見ると、10以下だったケースが10年中6回。この場合は馬連400円〜2150円、3連複は1250円〜3590円、3連単は10150円〜22060円と配当は落ち着く。残りの4回は馬連が1610円〜37670円、3連複が9560円〜33670円、3連単が39100円〜233540円と、さすがに高配当となっている。

前走傾向

過去10年、前走が国内G1だった馬が[4.5.7.23]。1〜2番人気に限れば[4.3.4.6]と信頼度はさらに高まる。宝塚記念組、安田記念組、オークス組が合計で[4.4.2.10]だから、軸はこの3ステップ、それ以外のG1から来た馬は3着候補か。G2・G3からの臨戦は[6.4.2.60]。函館記念組が[3.3.2.36]と主力で、目黒記念、クイーンS、エプソムCから各1勝となっている。この組は前走3着以内だと[2.3.2.19]で、それほど有力とは呼べない存在。むしろ前走6〜9着だと[4.1.0.13]、勝ち馬から0.1〜0.9秒差だと[5.3.1.39]なので、ほどほどに負けていた馬の巻き返しの方が期待できそうだ。前走が条件戦〜オープンだった馬は[0.0.0.25]と完全に格負けし、海外帰りの馬は[0.1.1.8]と苦戦しているのが実情だ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は[6.6.5.67]で馬券に絡む回数はトップだが、勝率7.1%、連対率14.3%は目立つ数字ではない。また1〜5番人気では[6.6.4.15]、6番人気以下では[0.0.1.52]と人気薄の激走は期待しにくい。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[1.1.0.12]。勝ったのは1番人気アーネストリー、2着も1番人気モーリスだから、こちらも人気サイドだけ押さえれば十分か。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.3.1.16]で勝率4.8%。勝ちあぐねているように見えるが、馬券に絡んだ5頭は1、6、8、8、12番人気と穴馬の激走が目立つ。5頭すべてが前走重賞で0.8秒差以内に来ていたので「好調なのにG1組の陰に隠れて人気を落としている」というタイプがいれば狙いたい。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.0.3.15]。好走確率は低いもののアンコイルドが14番人気で3着、ホエールキャプチャが7番人気で3着と、こちらも時おり穴馬が馬券に絡んでいるので要注意だ。

ナスルーラ系種牡馬の産駒は[1.0.1.7]。2011年は1番人気のトーセンジョーダンが勝利し、2015年は4番人気ダービーフィズが3着。いずれもジャングルポケット産駒で、このレースとの相性の良さをうかがわせている。

母の父の成績を系統別に調べると、ノーザンダンサー系種牡馬が[4.6.6.36]で馬券に絡む回数では最多。複勝率30.8%も主要系統中トップだ。ただし、2勝のナスルーラ系とミスタープロスペクター系、1勝のサンデーサイレンス系も無視はできない。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。