IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年9月22日(日)

11R

2019年9月22日(日) | 4回阪神7日 | 15:35発走

第67回神戸新聞杯(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:小雨 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

日本ダービーから直行してきた人気サイドがレースの中心

配当傾向

過去10年間の1番人気は[6.2.0.2]で、連軸としての信頼度は高そうだ。2番人気が[2.2.2.4]、3番人気も[1.2.2.5]と比較的安定。上位人気が好調なせいで馬連は万馬券なし、240円〜5230円の範囲。3連複も7番人気イコピコが勝った2009年と8〜9番人気が絡んだ2014年は万馬券となったが、それ以外の8回は510円〜5170円に収まっている。3連単は2009年に13万馬券が出たものの、それ以外は1430円〜70380円、万馬券は5回で、やや堅めの印象だ。1〜3番人気の合計が[9.6.4.11]、4〜9番人気が[1.4.6.49]、10番人気以下は[0.0.0.50]と、大穴の激走は期待薄。春のクラシックで上位の実績を残してきた人気サイドを軸とし、相手もまずは人気サイド。ただし2〜3着はもつれる傾向も見られるので、4〜9番人気からヒモ穴を何頭か拾っておきたい。

前走傾向

過去10年、日本ダービーからの直行組が[8.6.3.28]で勝率17.8%。春のクラシックで中心勢力だった馬たちの秋初戦として定着しているレースといえる。ラジオNIKKEI賞組が[1.1.2.5]で、7番人気で勝ったイコピコ、8番人気で2着のロードアクレイムなど、この臨戦は穴っぽいイメージだ。これら前走が重賞だった馬は、前走連対なら[7.3.2.3]、3〜5着だと[2.2.1.7]、6着以下だと[0.2.3.32]と、前走の結果が今回の走りに直結している。いっぽう前走が条件戦〜オープン特別だと[1.3.4.67]。この組で馬券に絡んだ8頭は、連勝中、春の重賞で入着、古馬相手の準オープン勝ちなど、上昇力または実績に見るべきものがあった。前走で1〜2着なら[1.3.3.44]、3着以下だと[0.0.1.23]と、やはり前走で好走していることが求められる。

血統傾向

父サンデーサイレンス系が[7.7.7.69]。勝率7.8%は高い数字ではないが、まずは当レースにおける中心勢力と見て間違いない。6番人気以下で馬券に絡んだ8頭のうち6頭がこの系統だから、穴でも走れる。種牡馬別では[2.2.4.13]のディープインパクト、[2.1.0.5]のステイゴールドあたりに注目だ。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬は[1.0.1.7]。圧倒的1番人気だったエピファネイア(父シンボリクリスエス)が勝ち、グラスワンダー産駒セイウンワンダーが5番人気3着。G1実績のある人気サイドは馬券に絡んだが、それ以外の成績はサッパリだ。

ミスタープロスペクター系は[2.3.0.12]。キングカメハメハ産駒が2勝・2着1回と好成績。また連対馬5頭のうち4頭が1〜2番人気だった。今後もキングカメハメハ産駒と人気サイドは買っておきたい。

ノーザンダンサー系は[0.0.1.10]で、3着は弥生賞と京都新聞杯で掲示板に載ったトーセンバジル。最低でも春のクラシック戦線で善戦していることが必要だ。ナスルーラ系種牡馬の産駒は[0.0.1.12]で、3着に来たのは上り馬のビッグウィーク。この系統は夏の間に連勝してくれば怖い。

母父の系統別成績は混戦模様。[3.0.2.22]のミスタープロスペクター系を筆頭に、[2.1.3.25]のサンデーサイレンス系、[1.5.3.33]のノーザンダンサー系、さらには母父メジロマックイーンが2勝するなど幅広い系統が活躍している。ただナスルーラ系だけは[0.3.2.13]と2〜3着が定位置になりつつある。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。