2019年11月10日(日)

11R

2019年11月10日(日) | 5回京都4日 | 15:40発走

第44回エリザベス女王杯(GI)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 | レコードが出たレース

前走G1・G2で好走した馬が中心

配当傾向

過去10年、1番人気は[1.3.3.3]でアタマに据えるのは不安。3番人気が[3.0.1.6]と好調だが、勝ち馬は1〜7番人気+11番人気と幅広く散らばっていて、軸馬選定が難しいレースだ。11番人気クィーンスプマンテと12番人気テイエムプリキュアで決まって馬連10万馬券、3連複15万馬券、3連単154万馬券と大きく荒れた2009年以外も、まずまず高配当。この9回は馬連が700円〜13710円で万馬券1回、3連複が1320円〜20760円で万馬券3回、3連単は9430円〜158930円で万馬券6回と10万馬券以上2回となっている。[5.5.5.15]の1〜3番人気、[3.1.5.21]の4〜6番人気から数頭ずつ、さらに[1.2.0.27]の7〜9番人気、[1.2.0.80]の10番人気以下からもピックアップし、3連複・3連単のボックスやマルチなどで手広く買って中穴〜大穴を仕留めたい。

前走傾向

ここでは日本馬のみで考えよう。3歳勢は[2.3.3.21]の秋華賞組が主軸。それ以外のレースからだと[0.1.0.8]だ。秋華賞3着以内で[2.3.2.9]、1着または勝ち馬から0.5秒差以内で[2.3.3.14]と、これがひとつの目安になる。古馬は府中牝馬S組が[3.3.3.57]、オールカマー組が[2.1.0.3]、京都大賞典組が[1.2.0.12]で、計[6.6.3.72]。この3レースで5着以内なら[5.4.1.30]と好走可能性は高まるが、京都大賞典9着から巻き返したクィーンスプマンテなど、6着以下でも[1.2.2.42]なので一応は要注意だ。主要3レース以外からだと[0.0.4.39]。ミッキークイーンやモズカッチャンが人気で敗れていて、あまり良くない。3歳・古馬を合わせて前走で1番人気だった馬が[0.3.6.15]と不振である点が面白い。中9週以上の休養明けも[0.0.3.16]と苦戦している。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[5.7.5.87]。出走馬の半数以上を占めるので馬券に絡む回数も多くなるが、勝率4.8%は平均以下、連対率11.5%も並の数字。特にこのレースが向くというわけではない。ただし6番人気以下で[1.4.0.66]と穴馬が2着に来るケースには要注意だ。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系は[3.0.0.12]。スノーフェアリー(父Intikhab)が連覇し、レインボーダリア(父ブライアンズタイム)はドロンコ馬場を差し切った。それ以外は馬券に絡んでいないのが実情だ。

ナスルーラ系が[1.2.0.7]。ジャングルポケット産駒のクィーンスプマンテ、パラダイスクリーク産駒のテイエムプリキュアが“行った行った で大波乱を演出しており、大穴の可能性を秘める血統とも考えられる。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.1.1.26]。ハービンジャー産駒モズカッチャンの1着と3着など、5番人気以内で[1.1.1.6]、6番人気以下で[0.0.0.20]と人気サイドしか走らないのが特徴だ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.0.4.10]と連対なし。3着4回はキングカメハメハの産駒で、それ以外は買いづらい。

母父がノーザンダンサー系種牡馬という馬は[3.5.6.53]。馬券に絡む回数は多いが、アベレージ的には並。母父ミスタープロスペクター系が2勝、ナスルーラ系が1勝などさまざまな系統から勝ち馬が出ているが、母父サンデーサイレンス系という馬だけは[0.1.2.29]。割り引いて考えたいところだ。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。