2019年2月10日(日)

11R

2019年2月10日(日) | 2回京都6日 | 15:35発走

第112回京都記念(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 |

有馬記念組などの人気サイドを中心に手堅く買いたい

配当傾向

過去10年で1番人気は[2.2.2.4]と信頼度は低め。現在7連敗中で、2017年はマカヒキが3着、2018年はレイデオロが3着などG1級でも連を外している。ただし1〜3番人気の合計が[5.7.7.11]、4〜6番人気が[5.3.2.20]で、合わせて[10.10.10.9]。極端な人気薄が激走する余地は小さい。穴馬から入るのは無謀だろう。馬連は850円〜4270円の範囲で3ケタ1回、4ケタ9回で万馬券なし。馬単は1650円〜13700円で万馬券は1回だけ。3連複は840円〜9570円で万馬券なし。3連単でようやく10回中8回が万馬券となるが、最高でも81540円で10万馬券は出ていない。大きく荒れる印象はなく、かといってガチガチでもないといったところか。馬券は1〜6番人気の範囲でまとめ、馬連で利益を確保しつつ3連単の流し馬券やフォーメーションで万馬券を狙いたい。

前走傾向

前走が有馬記念だった馬が[4.1.3.6]。他に香港ヴァーズ組が2頭勝ち、新潟記念、中山金杯、天皇賞・秋、菊花賞から1頭ずつ勝ち馬が出ている。つまりG1かG3だ。G1組の場合、前走1〜3着馬が[4.3.3.6]と安定しているが、6着以下でも[4.2.4.9]なので、前走着順は気にしなくていい。G3組は前走1着馬が[1.1.0.2]と好走確率は高い。前走G2組は[0.1.1.34]で、日経新春杯組の[0.0.1.16]、AJC杯組の[0.0.0.11]などと苦戦。条件戦やオープン特別からの臨戦馬も[0.1.0.16]で、馬券に絡んだのは菊花賞4着〜ディセンバーS1着だったベールドインパクトだけ。格下の馬は用なしといえる。また前走から4週以内という厳しいローテーションの馬は[0.1.1.34]。東西の金杯組や年明け初戦がココという馬など、間隔を明けてきた馬から買いたい。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の成績が[5.6.6.53]。上位に来る回数は多いが、勝率は7.1%、連対率15.7%は平凡な数字だ。ただし勝ち馬5頭中2頭は6番人気だから、穴馬になる可能性を秘める。その他のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[0.1.1.4]と未勝利だ。

信頼度なら次の2系統。まずノーザンダンサー系種牡馬の産駒が[3.1.1.9]で勝率21.4%。馬券に絡んだ5頭はすべて前走G1、うち3頭は2ケタ着順に敗れていた。相手が楽になる今回、大幅な変わり身に注意が必要だ。

続いてミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が[2.1.2.11]で勝率12.5%。1〜4番人気に限れば[2.1.2.3]、5番人気以下で[0.0.0.8]だから、人気サイドなら黙って買い、人気薄なら切り、というイメージだ。

ナスルーラ系の成績は[0.1.0.7]で、2着に来たのは3番人気のジャガーメイル。4番人気以下の馬はすべて馬券圏外に敗れている。

母父の系統別成績ではミスタープロスペクター系が[4.1.0.9]の勝率28.6%と優秀。サンデーサイレンス系も[3.3.1.16]で勝率13.0%、3番人気以内に限れば[3.2.0.0]とパーフェクト連対を誇る。逆に5番人気以下では[0.0.0.15]だから、人気薄は軽視したい。

また母父ノーザンダンサー系は[1.3.6.29]と3着の多さが特徴。3連単フォーメーションで買う時などに意識したい。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。