IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年1月13日(日)

11R

2019年1月13日(日) | 1回京都4日 | 15:45発走

第66回日経新春杯(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 | レコードが出たレース

芝2000m以上の重賞で8着以内の馬が中心。馬券は人気サイド+人気薄で

配当傾向

過去10年で1番人気が[3.4.1.2]、2番人気が[4.1.0.5]、両者合計[7.5.1.7]で、この両者の戦いだ。3〜9番人気が[1.4.8.57]で2〜3着候補となるが、10番人気以下も2009年テイエムプリキュアや2013年カポーティスターが勝つなど[2.1.1.47]と健闘している。ただし馬連万馬券は10年で2回だけ。3連複は450円〜35650円で万馬券は4回、3連単は3250円〜213570円で万馬券3回、10万馬券以上が2回。着順上位すべてが人気薄だったのは2015年(6-10-7番人気)くらいで、意外と超大荒れが連発するレースではない。軸馬と対抗格はひとまず1〜2番人気から選び、馬連は手堅く攻めるのが無難。少しでも高い配当を狙うなら3連複・3連単。10番人気以下も含めて激走可能性のある穴馬を探し、ボックスやマルチで買うのがベターかも知れない。

前走傾向

前走が芝2000m〜3000mだった馬が[10.8.8.77]、それ以外の馬は[0.2.2.34]。前走・芝2000m〜3000m組のうち前走が重賞だった馬は[8.4.5.45]で勝率12.9%・連対率19.4%と好調だ。この組は愛知杯最下位だったテイエムプリキュアが巻き返しているように前走の着順は問わないが、勝ち馬8頭中7頭が前走8着以内かつ0.8秒差以内なので、これがひとつの目安となる。前走が芝2000m〜3000mでも、それが条件戦・オープン特別だった馬は[2.4.3.32]で勝率4.9%・連対率14.6%と重賞組より苦しくなる。この組は前走1着なら[2.4.1.9]、前走2着以下だと[0.0.2.22]なので、前走で勝っていることが好走の前提となる。また前走と同じ騎手が乗った場合は[6.7.4.34]で勝率11.8%、乗り替わりがあると[4.3.6.77]で勝率4.4%と成績差がある点にも要注意だ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は[3.8.8.58]。出走頭数が多いためコンスタントに馬券に絡んでいるが、2〜3着が多く、勝ちあぐねているのが実情だ。1〜3番人気に限っても[2.6.0.9]。馬券ではアタマよりも馬連や3連複の軸として考えたい。サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒も[0.1.1.14]と勝ち切れていない。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.1.0.21]。連に絡んだのは、2番人気メイショウベルーガと3馬人気ナムラマース。穴馬には期待しすぎないほうがいいだろう。ナスルーラ系は[1.0.0.7]。テイエムプリキュアが11番人気で勝っていて、一応の注意は必要かも知れない。

以上の各系統を抑えてミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が[5.0.1.10]と、なかなか好調だ。馬券に絡んだ6頭のうち5頭はキングカメハメハ産駒。キングカメハメハ産駒は[4.0.1.7]で勝率33.3%と、このレースでもっとも注目すべき種牡馬といえる。

母父の系統別成績はナスルーラ系が[4.2.2.29]で、勝率10.8%。これを追うのが[2.1.2.20]で勝率8.0%のサンデーサイレンス系、[3.4.2.30]で勝率7.7%のノーザンダンサー系だ。ミスタープロスペクター系は父として調子がいいぶん、母父としては[0.2.1.11]と勝てていない。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。