2019年3月24日(日)

11R

2019年3月24日(日) | 2回中京6日 | 15:40発走

第49回高松宮記念(GI)

芝・左 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 | レコードが出たレース

王道ローテーションを歩む上位人気馬が中心となるレース

配当傾向

過去10年で1番人気が[3.1.3.3]、2番人気が[2.3.0.5]、3番人気が[3.2.3.2]、以上合計が[8.6.6.10]。4〜5番人気が[2.1.0.17]で、勝ち馬を出したのはここまで。単勝オッズでいうと10倍未満の馬が[10.6.6.19]となる。6番人気以下は[0.3.4.120]、単勝オッズ10〜19.9倍が[0.4.0.24]、30〜99.9倍が[0.0.4.46]。つまり穴馬は2〜3着までと考えていいレースだ。ただしガチガチというほどではなく、馬連が1000円以下で収まったのは3回だけ。3連複は1070円〜35840円の範囲で万馬券4回。3連単は4ケタ配当2回、万馬券6回、12万馬券と19万馬券が出ている。軸は人気上位馬、相手筆頭も人気サイドで問題ないが、単純なボックスは危険。人気薄も何頭かピックアップすべきだろう。3連単なら2、3着に穴馬を組み込んだフォーメーションで買いたい。

前走傾向

前走が芝1200mだった馬が[7.4.8.85]、芝1400mだった馬が[3.5.2.50]。合わせると[10.9.10.135]で、馬券対象のほとんどがこのパターンだ。前走のレース別では、阪急杯組が[3.4.2.40]、オーシャンS組が[3.2.4.60]、シルクロードS組が[3.1.3.18]、以上の総計が[9.7.9.118]。この王道ローテーションで前走連対していた馬は[7.5.6.29]と信頼度が高い。上記3レース以外からのステップで馬券に絡んだのは、スプリンターズS以来だったスリープレスナイト、香港G1を使っていたエアロヴェロシティとレッドファルクス、そしてレッツゴードンキ(京都牝馬S1着/フェブラリーS5着)。すべてG1ウィナーであり、よほどの力がない限り王道以外のローテーションでは厳しいようだ。どのステップでも前走6着以下だと[0.1.2.77]。巻き返しも困難なレースだ。

血統傾向

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が[3.3.3.31]。現在2連勝中と勢いもある。ロードカナロアとレッツゴードンキがキングカメハメハ産駒、セイウンコウセイ、ファインニードル、ハクサンムーンがアドマイヤムーン産駒。この2頭の種牡馬には特に要注意だ。

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[3.1.5.46]。勝率5.5%は平均的な数字だが、10番人気以下で3着3回と穴馬が激走するのがポイント。フジキセキ、ダイワメジャー、ディープインパクトの産駒が計[3.1.3.21]、それ以外が[0.0.2.25]と大きな偏りを示しているのも特徴的だ。

その他のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[0.3.0.10]。4番人気以内の馬が[0.3.0.2]、5番人気以下だと[0.0.0.8]と、一定以上の評価を受けた馬でないと馬券に絡めていない。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[2.2.2.28]。馬券に絡んだ6頭は前走1〜3番人気、6頭中5頭は今回も1〜3番人気。やはり高評価を得ている馬だけが走るイメージだ。

ナスルーラ系は[1.1.0.30]。数字的には冴えないが、2014年にアドマイヤコジーン産駒スノードラゴンが8番人気2着、2016年はサクラバクシンオー産駒ビッグアーサーが1番人気に応えて優勝している。

母の父の系統別成績は、ナスルーラ系が[4.1.1.21]と好調。キンシャサノキセキの母父はリボー〜ヒズマジェスティ系のPleasant Colony、エアロヴェロシティの母父はサーゲイロード系Kaapstadなど、非主流血統からも上位馬が出ているのもポイントだ。

ミスタープロスペクター系は[1.3.1.25]、サンデーサイレンス系は[0.3.1.26]、それ以外のヘイルトゥリーズン系は[0.0.3.14]と不振傾向にある。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。