競馬 - スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年11月30日(土)

11R

2019年11月30日(土) | 5回中山1日 | 15:25発走

第53回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(GII)

芝・右・内2周 3600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

アルゼンチン共和国杯組が中心。1番人気が強いレース

配当傾向

過去10年で1番人気はアルバートが3連覇するなど[6.0.1.3]で、勝率優秀。2番人気は[0.3.3.4]と勝ち切れず、3〜8番人気のゾーンが計[4.6.5.45]と頑張っている。1番人気と3番人気が勝った計7回は、馬連が210円〜6730円、3連複は450円〜10030円、3連単は830円〜59510円と、堅めか中穴程度。それ以外の3年は馬連が2500円〜11470円で万馬券1回、3連複が4170円〜75170円で万馬券3回、3連単は35920円〜410950円で20万馬券以上が3回と、さすがに配当は少し高めになる。まずは1番人気のプロフィールを調べて、勝てると思えればアタマ、馬券は堅め〜中穴までの範囲でまとめたい。いっぽう1番人気に死角がありそうなら穴狙い。軸は2番人気ではなく、いっそ3〜8番人気にして、馬連や3連複のボックスという手がよさそうだ。

前走傾向

過去10年、アルゼンチン共和国杯組が[6.1.6.39]と中心勢力。アルゼンチン共和国杯1〜5着馬が[3.1.2.4]と安定しているが、6着以下でも[3.0.4.35]と巻き返しは十分に可能だ。京都大賞典組も[1.2.1.4]なら買っておきたい。あとは菊花賞2着のフォゲッタブルが勝っている。以上3レース以外の重賞からだと[0.0.1.22]と大苦戦。むしろ[1.3.0.16]のオープン特別組、[1.4.2.23]の準オープン組に注意したい。このうち準オープン組で馬券に絡んだ7頭は、すべて前走5着以内(前走1着は3頭)、勝ち馬とは0.7秒差以内だったから、これがボーダーラインだ。前走のクラスにかかわらず、前走が2000m以下だった馬は[0.4.1.24]と勝ち切れていない。また前走4コーナーを先頭で回ってきた馬も[0.0.1.5]と、逃げ馬を買いにくいレースだ。

血統傾向

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が[5.0.2.15]と、かなり優秀。ただしアドマイヤドン産駒アルバートの3勝で数字が上がっているイメージも強い。

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は[3.9.6.56]。勝率4.1%は並以下で、明らかに2着が多い。1〜3番人気だと[3.4.4.10]、4番人気以下だと[0.5.2.46]なので、人気サイドなら連軸、人気薄なら2〜3着候補と使い分けたい。また連対した馬の父は、ダンスインザダーク、ステイゴールド、ディープインパクト、ネオユニヴァースなど、菊花賞や天皇賞(春)の1着〜3着馬が目立つ。やはりスタミナは大きなファクターとなるようだ。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系は[1.0.1.17]。馬券に絡んだ2頭の父はシンボリクリスエス(有馬記念レコード勝ち)とグラスワンダー(有馬記念2勝)で、スタミナや中山との好相性を感じさせる。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.1.1.16]と苦戦、ナスルーラ系は[0.0.0.7]と未勝利だ。

母の父の系統別成績は、ナスルーラ系が[3.2.2.13]、サンデーサイレンス系が[3.0.0.17]で、いずれも勝率15.0%。ノーザンダンサー系は[2.6.3.36]と2〜3着が多く、馬連や3連複の軸に向きそう。ミスタープロスペクター系は[0.0.0.21]と狙いにくくなっている。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。