IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年3月23日(土)

11R

2019年3月23日(土) | 3回中山1日 | 15:45発走

第67回日経賞(GII)

芝・右 2500m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

前走・重賞で好走していた馬が中心だが波乱もありうる

配当傾向

1番人気は過去10年で[3.1.1.5]と複勝率50.0%どまり。2〜3番人気も計[2.2.3.13]とアテにしづらく、4番人気が[3.1.1.5]と好調。他に6番人気と12番人気も勝っていて、本命を絞りにくい一戦だ。単勝オッズでいうと7倍未満の馬が[7.3.4.17]で一応の中心か。20倍以上の馬も[1.5.2.71]と馬券にはよく絡んでいる。12番人気で単勝万馬券のネコパンチが逃げ切った2012年には馬連484倍、3連単45万馬券と荒れたが、これを除く9回は、馬連が300円〜6370円、3連複は220円〜32630円で万馬券6回、3連単は930円〜167310円で万馬券5回と10万馬券が2回。勝ち馬の人気が分散している割にはそれほど大きく荒れているわけではない。あまり振り回しすぎるのは禁物だろう。人気サイドから穴馬まで幅広くフォローし、ボックスで中波乱に備えるべきレースだ。

前走傾向

前走がJRA重賞だった馬が[9.9.10.77]で中心。連対していれば[5.1.5.15]で勝率は19.2%まで高くなり、3〜5着でも[2.4.4.11]で複勝率47.6%と信頼度は上々だ。ただし同じ重賞組でも、[1.0.2.25]のG3組、[0.0.3.10]の1800m組、[0.0.0.11]の2000m組などは、やや割り引きたい。レース別では有馬記念組、AJC杯組、日経新春杯組が各2勝で、この3レースが主要ステップといえるが、京都記念組が[1.2.0.6]、ジャパンC以来の馬が[1.1.0.2]と、このあたりにも要注意。JRA重賞以外からの臨戦は[1.1.0.27]。昨年1着のガンコ、2着のチェスナットコートは、いずれも2400mの準オープンを快勝後、ここでも好走した。前走4コーナーで先頭だった馬は[0.0.1.9]、11番手以下だった馬は[0.1.0.24]と、逃げ・追込み馬に厳しいレースともいえる。

血統傾向

過去10年の出走馬のべ134頭のうち、サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[6.9.3.66]と一大勢力を築いている。勝率7.1%は目立つ数字ではないが、10年連続で連対中、ニューイングランド産駒ネコパンチが12番人気1着、マーベラスサンデー産駒ホッコーブレーヴが10番人気2着など激走にも期待できる系統だ。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[1.0.2.10]。勝ったのは前年のグランプリホース・ゴールドアクターで、3着はダイヤモンドSを勝ってきたモンテクリスエスと日経新春杯2着のムスカテール。長距離重賞で力を示している馬ならここでも上位争いは可能だろう。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が[2.0.4.6]。勝率16.7%は、なかなかの数字だ。出てくればマークは必要だが、馬券に絡んだ6頭は1〜6番人気。穴馬が何度も激走するほどこのレースに向いているわけではない。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.1.1.16]とイマイチだが、こちらは6番人気以下で[1.1.1.11]と穴で狙ってみたいタイプだ。

勝ち馬の母父の系統を見ると、ノーザンダンサー系が6勝、サンデーサイレンスが2勝、ファイントップ系とレイズアネイティヴ系が各1勝。非主流血統でも勝てるわけだが、ミスタープロスペクター系は[0.0.2.13]、ナスルーラ系は[0.2.1.17]と苦しい戦いを強いられている。

また父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系という配合の馬が[6.6.1.30]で勝率14.0%、父ミスタープロスペクター系×母父サンデーサイレンス系が[2.0.3.2]で複勝率71.4%。こうした配合を中心に予想を考えたいところだ。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。