IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年5月26日(日)

12R

2019年5月26日(日) | 2回東京12日 | 17:00発走

第133回目黒記念(GII)

芝・左 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 |

馬券的には穴傾向。前走と血筋から好走できる馬を探せ

配当傾向

過去10年で[1.4.2.3]の1番人気は馬券のアタマより馬連や3連複の軸向きか。8番人気が3勝をあげているほか、勝ち馬は1〜11番人気に散らばっている。単勝オッズ10倍未満の馬の[4.6.3.30]に対して15.0〜49.9倍のゾーンも[6.4.4.39]と健闘。17番人気・単勝万馬券の馬が3着に追い込んだ例もあり、荒れ気味のレースといえるだろう。事実、馬連は10年連続で1200円以上、万馬券は4回(最高は21380円)。3連複は7590〜94470円の範囲で万馬券が8回と、コンスタントに高配当が出ている。3連単も過去10年で万馬券4回(47830円〜76530円)、10万馬券以上が6回(最高は63万馬券)となっている。1番人気を軸に、相手は2ケタ人気まで幅広くピックアップし、馬連か3連複の流し馬券が第一の策。より高額の払い戻しを狙うなら3連単のマルチだろう。

前走傾向

国内の芝重賞から進んできた馬が[4.4.5.62]。この組は前走9番人気以内で[4.3.3.31]、10番人気以下で[0.1.2.32]、5着以内で[0.2.3.13]、6着以下で[4.2.2.49]と「前走ソコソコの人気ながら惨敗」という馬の巻き返しが目立つ。レース別では新潟大賞典組が2勝、天皇賞(春)組、ダイヤモンドS組が各1勝だ。芝2400m・オープン特別からの臨戦だと[4.3.4.40]。この組は前走1着または0.2秒差以内の負けで[4.3.1.11]、それ以上負けていると[0.0.3.29]だから勝ち負けに持ち込んでいることが大切。レース別では大阪-ハンブルクC組が[2.1.1.6]と好調、メトロポリタンH(現メトロポリタンS/今年は荒天のため中止)組も2勝している。芝2000mまたは2400mの準オープンを勝ってきた馬が[2.1.0.12]。この組の勢いにも要注意だ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は[4.8.6.78]と2着に甘んじることが多い。勝率は4.2%と低調だ。ただし馬券に絡んだ18頭のうち1〜3番人気だったのは7頭、6番人気以下が[2.3.3.54]。また前走が準オープン〜オープン特別という臨戦で3勝。人気薄や格上相手でも走れる点には要注意だろう。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬が[2.0.1.14]。マヤノトップガン産駒が2勝をあげているように、スタミナ型種牡馬の子には好走の可能性があるといえる。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[2.0.2.19]。馬券に絡んだのはすべてキングカメハメハ産駒で、ヒットザターゲットが11番人気で勝利。人気薄の大激走もありうる血統だ。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.0.1.15]。また昨年はカンパニー産駒とジャングルポケット産駒が1・2着で、これらナスルーラ系種牡馬の産駒が[1.2.0.11]。幅広く拾い上げる必要があるだろう。

母の父の系統別成績は、ノーザンダンサー系の[4.2.3.48]、サンデーサイレンス系が[2.1.2.22]、ナスルーラ系が[2.3.2.18]。ミスタープロスペクター系も1勝、トムロルフ系も1勝をあげていて、やはり幅広く好走可能性を探っていかなければならないようだ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。