2019年5月19日(日)

11R

2019年5月19日(日) | 2回東京10日 | 15:40発走

第80回優駿牝馬(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 |

桜花賞組が優勢。前走1〜2番人気・1〜2着馬が中心

配当傾向

過去10年で1番人気は[5.2.1.2]、2番人気は[1.3.3.3]。どちらかは必ず馬券に絡んでいて、特に近5年中4回は1〜2番人気がともに3着以内に入っている。3〜5番人気が計[3.2.3.22]、6〜9番人気も[2.2.3.33]で走破圏内。10番人気以下は[0.0.0.87]と苦戦している。馬連は320円〜42750円の範囲で万馬券2回。3連複は750円〜45120円の範囲で万馬券3回。3連単は4ケタ配当が3回、万馬券5回、残り2回は15万馬券と54万馬券だった。大波乱はないが、6〜9番人気が上位に来れば荒れることもあるというイメージか。単勝オッズでいうと10倍未満が[9.6.4.14]で中心、10倍〜40倍未満が[2.3.6.51]でヒモ穴、40倍以上は[0.0.0.82]だ。1〜2番人気を軸に、3〜9番人気・単勝40倍未満の範囲から相手を探して流す、という馬券戦略になるだろう。

前走傾向

過去10年で桜花賞からの直行組が[8.5.5.59]。この組が連を外したのは2011年だけで、それでもホエールキャプチャが3着を確保。当然、中心視したい。桜花賞勝ち馬が[4.1.0.4]、2〜3着馬が[3.3.4.8]と主力で、4〜8着馬は[0.0.0.24]と不振。9着以下からは[1.1.1.23]と巻き返した例があり、馬券に絡んだ3頭は桜花賞で1〜4番人気だった。別路線組では[2.0.0.8]の忘れな草賞組が単穴として要注目。フローラS組は[1.4.4.35]で相手候補となり、フローラS1〜2着なら[1.3.3.11]、3着以下だと[0.1.1.24]だから連対馬は馬券に組み込んでおきたい。それ以外からの臨戦は皐月賞11着、オークス3着のバウンスシャッセしか好走例はない。臨戦課程にかかわらず、前走1〜2番人気だと[9.4.6.36]、3番人気以下だと[2.5.4.111]と勝率に差が出てくる。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[8.5.9.90]。100頭以上も出走している大勢力だから上位に来る回数が多いのは当然だが、1〜3番人気で[5.4.4.6]、6番人気以下でも[2.0.3.74]と、人気にかかわらず走れる点は心強い。サンデーサイレンス系以外は6番人気以下で[0.2.0.46]だから、この差は大きい。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[2.2.0.22]。キングカメハメハ産駒のアパパネとチェッキーノ、ロードカナロア産駒アーモンドアイ、ルーラーシップ産駒リリーノーブルが連対。この4頭は1〜4番人気だったから、人気サイドのキングカメハメハ系に逆う必要はなさそうだ。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.1.1.17]。2017年に1、2着となったように走る時にはまとめて走る気配ありだ。サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系は[0.0.0.12]、ナスルーラ系は[0.0.0.5]と苦しんでいる。

母の父の系統別成績では、ノーザンダンサー系が[8.6.3.42]の勝率13.6%と安定。軸として考えていい存在だろう。とりわけ父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系という配合は[7.4.3.33]とオークスにおける中心勢力。この配合は5番人気以内で[6.4.2.6]とさらに安定感を増す。

他では母父サンデーサイレンス系、それ以外のヘイルトゥリーズン系、ブランドフォード系から勝ち馬が出ているが、このうち母父サンデーサイレンス系は6番人気以下だと[0.0.0.23]と全滅。父サンデーサイレンス系は人気薄でも走れるが、母父サンデーサイレンスは人気サイドでしか買えない。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。