2019年5月5日(日)

11R

2019年5月5日(日) | 2回東京6日 | 15:40発走

第24回NHKマイルカップ(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

前走重賞上位馬中心。人気馬から入っても高配当を狙える

配当傾向

過去10年で1番人気は[5.0.0.5]と、連軸より単勝や馬単・3連単のアタマ向き。2〜6番人気が[3.8.4.35]で順当に2着または連軸候補。7〜9番人気は[0.0.2.28]と不振と不振で、穴狙いなら思い切って[2.2.4.82]の10番人気以下だろう。1番人気の半分が消え、人気薄がたびたび来ることもあって配当は荒れ気味。馬連は940円〜21890円で万馬券4回。3連複は最低が2040円で、万馬券4回に加え、13万馬券、18万馬券、31万馬券が出ている。3連単は最低が7920円で、残り9回は万馬券以上。12万馬券、26万馬券、29万馬券、68万馬券、123万馬券、238万馬券が飛び出した。1番人気をアタマに、人気薄まで幅広く流すのが第一の案。過去には973万馬券の大荒れもあったから、マルチで買っておけば「穴馬が1着に来て超高額配当」というワクワクも味わえそうだ。

前走傾向

[5.1.3.55]のニュージーランドトロフィー組が中心勢力。桜花賞組が[2.0.0.11]、毎日杯組が[1.2.0.7]、皐月賞組が[1.1.2.13]、アーリントンC組が[1.0.1.6]と続き、以上5レースのトータルが[10.4.6.92]だ。この組は前走1着だと[3.0.0.11]、負けていても0.5秒差以内なら[6.3.5.38]と買える存在になる。上記5レース以外からの臨戦は[0.6.4.58]。この組は前走1〜2番人気なら[0.5.1.21]と2着率が上がる。前走がオープン特別だと[0.2.1.29]と苦戦し、500万下条件だった馬は[0.0.0.4]で用なし。前走のクラスにかかわらず10着以下に敗れていると[0.1.4.32]で、これも苦しい。前走1200mからの臨戦は[0.0.1.7]、1400mからでも[0.2.0.34]と買いにくい。総合すると、5つの重賞の上位馬と、その他の1600〜1800m重賞上位人気馬の争い、といったイメージだ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[7.4.6.62]で中心勢力。特に1番人気だと5戦4勝で人気信頼度も高い。ダイワメジャーとディープインパクトの産駒が2勝ずつ、マンハッタンカフェ、フジキセキ、スズカフェニックスの産駒が各1勝。マンハッタンカフェ以外はマイル〜中距離に向く種牡馬だ。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[0.2.0.11]。2着に来たのは5番人気レッドスパーダ(父タイキシャトル)、3番人気アルフレード(父シンボリクリスエス)で、穴馬が激走する可能性は低く、人気サイドだけ押さえればいいといった感じか。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[2.3.0.37]。勝率は4.8%と低いが、連対馬6頭は過去6年に集中していて、近年要注意の存在。特に2勝をマークしているクロフネ産駒は決して無視できない。

ナスルーラ系種牡馬の産駒が[1.0.1.11]でサクラバクシンオー産駒グランプリボスが1番人気1着。人気なら買っておくべきだ。ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.1.3.29]で、こちらは3着以内に来た4頭のうち3頭が9番人気以下。穴馬の大駆けに期待できる。

母父の系統別成績はノーザンダンサー系が[4.4.4.52]、サンデーサイレンス系が[3.3.2.27]、ミスタープロスペクター系が[2.2.1.18]で三つ巴のイメージ。なおレース創設当初は外国産馬が上位を独占していたが、2002年以降はマル外の優勝なし。過去10年は[0.2.0.10]と苦戦しており、もはや外国産馬であることは割引材料となっている点は心しておきたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。