2019年4月21日(日)

11R

2019年4月21日(日) | 2回東京2日 | 15:45発走

第54回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

強い相手に人気で好走してきた馬が軸だが、荒れる可能性も高い

配当傾向

過去10年で1番人気は[4.1.0.5]、半数が馬券圏外に消えている。しかも1番人気が連対した5回だけを見ても、馬連は730円〜13300円(万馬券1回)、3連複は1660円〜47900円で万馬券2回、3連単は6830円〜163970円で万馬券以上が4回。10番人気以下の馬も2頭馬券に絡んでいて、決して「堅い」とはいえない配当傾向になっている。いっぽう1番人気が飛んだ5回は、馬連が1010円〜103540円で万馬券以上は2回、3連複は2320円〜189600円で万馬券以上4回、3連単は10790円、22万馬券、39万馬券、108万馬券に113万馬券と荒れ放題。馬券に絡んだ15頭のうち5頭が10番人気以下の穴馬だった。1番人気から手広く流すのが第一の策。もし1番人気が信用ならないなら、超人気薄を含めた3連単マルチで100万馬券を狙ってみる手もありそうだ。

前走傾向

前走がオープン・重賞だった馬は[3.3.4.59]。前走3着以内だと[3.2.2.12]で勝率15.8%(フラワーC組が2勝、アネモネS組が1勝)だから、強い相手に好走していれば今回も好走可能。逆に前走4着以下だと[0.1.2.47]で苦戦必至だ。前走が未勝利・500万下だった馬は[7.7.6.81]。勝率6.9%はオープン・重賞組以上の数字だ。この組は前走1着なら[6.4.2.37]、2着以下だと[1.3.4.44]。また前走1〜2番人気だと[6.3.2.30]、3番人気以下だと[1.4.4.51]で、前走では人気で勝っていることが理想だ。前走のクラスにかかわらず、10着以下に敗れていると[0.0.0.19]、1秒以上負けていると[0.0.2.23]、10番人気以下だと[0.1.1.24]と逆転はほぼ絶望的。また前走が東京競馬場だった馬(主としてクイーンC組)も[0.0.4.15]と冴えないので要注意だ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[6.6.6.77]。馬券圏内の6割を占めるがアベレージとしては平均的だ。種牡馬別ではディープインパクトとゼンノロブロイが各2勝、マンハッタンカフェとステイゴールドが各1勝だ。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[1.2.1.15]。馬券に絡んだ馬の父はシンボリクリスエス、ロージズインメイ、タニノギムレット。15番人気で2着と穴も開けている。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.1.1.23]。馬券に絡んだ3頭ともハービンジャーの産駒。モズカッチャンの12番人気1着、ヤマカツグレースの10番人気2着と、こちらも穴気配を漂わせている。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.1.1.18]でキングカメハメハとルーラーシップの産駒が好走。ナスルーラ系の産駒は[0.0.0.7]と苦戦している。

他では、マイバブ系メジロマックイーン産駒のディアジーナが1着。全体として順当に中長距離タイプの子が勝利している。

母の父を見ると、ミスタープロスペクター系が3勝、ノーザンダンサー系が2勝、ヘイルトゥリーズン系/サンデーサイレンス系も2勝、ナスルーラ系、ニアークティック系、レイズアネイティヴ系が各1勝と幅広い系統から勝ち馬が出ていて、無視できる系統はなさそうだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。