2018年6月24日(日)

11R

2018年6月24日(日) | 3回阪神8日 | 15:40発走

第59回宝塚記念(GI)

芝・右 2200m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

前走人気で好走した馬が狙い。宝塚記念向き種牡馬に要注意

配当傾向

過去10年の1番人気は[2.4.2.2]で、2、6、8番人気も各2勝。馬券のアタマを見つけるのが難しいレースだ。1〜3番人気が[5.6.5.14]と安定し、4〜8番人気も[5.2.3.40]で侮れないが、9番人気以下は[0.2.2.60]と苦しい。単勝オッズ10倍未満の馬が[5.6.6.20]で軸候補、10倍以上30倍未満が[4.1.1.31]で単穴、30倍以上が[1.3.3.63]でヒモ穴といったところだ。馬連は2015年だけが万馬券で、その他の9年は1010円〜8990円。3連複は万馬券以上が4回で最高は2015年の157770円。3連単は10年連続で万馬券以上、2014年が25万馬券、2015年が52万馬券だった。1〜3着までが6番人気以下だった2015年でも100万馬券が出ていないように超大穴は期待しにくいが、幅広い人気をピックアップして馬券を組み立てるべきだろう。

前走傾向

天皇賞(春)からの直行組が[4.3.2.34]。勝率9.3%で中心的存在だ。かつては金鯱賞、いまは鳴尾記念がステップレースとなっていて、この2つを合わせて[3.3.3.19]、勝率10.7%は天皇賞組以上だ。他では目黒記念、大阪杯、メトロポリタンSから勝ち馬が出ている。海外帰りの馬は[0.2.1.9]、ヴィクトリアマイル組は[0.2.3.5]でヒモ穴候補か。軽視すべきは[0.0.1.6]の安田記念組だ。また前走1〜3着馬が[6.7.7.43]、前走1〜3番人気馬が[9.6.6.47]なので、まずは該当馬をチェック。前走6着以下だった馬は[3.2.3.48]で、オルフェーヴル、ゴールドシップ、サトノクラウンが巻き返しているが、前走6番人気以下だった馬は[0.1.2.40]と苦しい。原則としては前走人気上位&着順上位馬が引き続きしっかり走ってくれることに期待できるレースである。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[6.5.8.66]。勝率7.1%は平凡だが、6番人気でも[2.2.4.46]とたびたび馬券に絡み、やはり中心はこの系統だ。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[1.2.1.10]、ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.2.1.20]、ナスルーラ系種牡馬の産駒は[0.0.0.8]で、いずれもアタマとしては買いづらい。

唯一ノーザンダンサー系種牡馬の産駒が[2.1.0.10]、勝率15.4%と立派な数字を残している。実は連対した3回は稍重か重馬場。道悪になったらぜひ買いたい系統だ。

系統別の成績よりも、むしろ特定の種牡馬に注目すべきレースかも知れない。たとえばステイゴールド産駒はのべ13頭が走って5勝と素晴らしい成績、宝塚記念との相性の良さを匂わせる。またサンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系で馬券に絡んだのはグラスワンダー産駒とスクリーンヒーロー(その父グラスワンダー)産駒だ。さらにミスタープロスペクター系種牡馬の産駒で3着以内に来た4頭中3頭がキングカメハメハ産駒。これらの種牡馬の子から馬券を組み立てるのも面白いだろう。

母の父の系統別成績は、ミスタープロスペクター系が[3.2.1.14]と上々で、サンデーサイレンス系とナスルーラ系が各1勝、母父メジロマックイーン(マイバブ系)、母父タイトスポット(ヒズマジェスティ系)といったマイナー血統も勝っている。ノーザンダンサー系だけは[0.3.6.37]と10年間未勝利。ただし2〜3着候補にはぜひとも入れておきたい存在といえる。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。