sportsnavi

2018年3月11日(日)

11R

2018年3月11日(日) | 1回阪神6日 | 15:35発走

第52回報知杯フィリーズレビュー(GII)

芝・右 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

穴ムード漂うレース。人気&人気薄をバランスよく買いたい

配当傾向

過去10年で1番人気は[2.3.0.5]、2番人気が[2.0.2.6]、3番人気が[2.1.0.7]と、ほぼ横一線。その他に6、8、9、11番人気の馬が勝っていて、単勝186倍のニホンピロアンバーが2着に来たこともある。10番人気以下が[1.1.2.72]と10年のうち4年で馬券に絡んでいるように穴ムードの漂うレースだ。実際、馬連が3ケタ配当で収まったのは10年のうち昨年だけで、20倍台〜50倍台が7回、万馬券が2回。3連複は4ケタ配当が4回、万馬券が4回、残り2回は10万馬券と25万馬券だ。3連単は10年中最低が昨年の9570円で、万馬券が6回、2008年は46万馬券、2009年は66万馬券、2014年は175万馬券と荒れた。1〜3着が5番人気以内で収まったケースはなく、つまりは必ず6番人気以下が馬券に絡んでいる。人気サイドだけでなく人気薄も加えた馬券を組み立てたい。

前走傾向

前走が阪神ジュベナイルフィリーズ、ここが年明け初戦という馬が過去10年で[2.3.4.17]。率は高くないが10年中7年で馬券対象となっているため必ずケアしたい。その他の重賞・オープン特別からだと[4.4.3.55]。この組は前走が3着以内だと[0.1.2.16]、4着以下だと[4.3.1.39]なので巻き返しに注意したい。500万下から進んできた馬も[4.3.3.50]と走破圏内。この組は前走1着だと[3.3.3.30]と安定感が増す。前走が新馬・未勝利だった馬は[0.0.0.10]と苦しい戦いが待っている。他に成績がいいタイプは、前走が芝マイル戦だと[8.7.7.58]、前走が1〜3番人気だと[7.3.5.58]。逆に前走が1200mだと[0.0.0.26]、前走が小倉だった馬は[0.0.0.12]、前走が10番人気以下だった馬は[0.1.3.28]、連闘〜中1週だと[0.0.1.12]で、これらは買いにくいタイプだ。

血統傾向

父馬の系統別成績は、サンデーサイレンス系が[4.6.1.50]、それ以外のヘイルトゥリーズン系が[1.1.1.12]、ノーザンダンサー系が[3.1.2.33]、ミスタープロスペクター系が[1.2.3.24]、ナスルーラ系が[1.0.2.19]。勝率は3.3%〜7.7%の範囲で、突出して成績のいい系統はない。

サンデーサイレンス系は11番人気と8番人気での1着が、ノーザンダンサー系は6番人気での1着、2着、3着がある。ミスタープロスペクター系は9番人気で1着、13番人気で2着、サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系も7番人気で2着、15番人気で3着に来ている。つまり「人気サイドでないと走らない」という系統はない。

勝ち馬の父の顔ぶれを見ると、まずは現役時に短距離〜マイルで実績を残したタイプが目立つ。アグネスデジタル、タイキシャトル、サクラバクシンオー、ダイワメジャー、ローエングリンだ。いっぽう2400mG1勝ちのあるファルブラヴの産駒が2勝しているほか、ステイゴールド、スズカマンボ、マンハッタンカフェと長距離タイプの種牡馬の子も各1勝。さながら「マイラーvsステイヤー」の様相を呈している。

母父の系統別成績は、ナスルーラ系が[4.3.2.23]で勝率12.5%、連対率21.9%と優秀。マイネレーツェル(母父サクラユタカオー)が11番人気、サウンドバリアー(母父Seattle Slew)が9番人気、ソルヴェイグ(母父ジャングルポケット)が8番人気で1着と、穴っぽい気配を漂わせている点も特徴だ。

母父サンデーサイレンス系は[1.2.3.22]、ノーザンダンサー系は[1.2.1.35]、ミスタープロスペクター系は[1.1.3.32]で、これらの勝率は2.6%〜3.6%と低め。3系統合わせると、1〜3番人気の時は[3.2.1.15]、6番人気以下だと[0.3.5.63]。人気ならアタマ、人気薄ならヒモ候補と使い分けたい。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。