IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年11月4日(日)

12R

2018年11月4日(日) | 5回京都2日 | - 発走

第8回JBCレディスクラシック(GI)

ダート・右 1800m | 天気: | 馬場: | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:万円 | レコードが出たレース

レディスプレリュード組が中心。他の2競走より荒れる余地あり

配当傾向

第1回からの勝ち馬は2、1、1、2、4、1、5番人気、2着馬も1〜5番人気。必然的に馬連の配当は低めで、第1回の130円に始まり、3ケタ配当が7回中4回、最高が5番人気と4番人気で決着した昨年の4290円、万馬券は出ていない。だが3着には伏兵が来ることもあり、3連単なら万馬券も飛び出す。2012年は10番人気サクラサクラサクラが3着で16280円、2016年は6番人気トーセンセラヴィが3着で17100円、昨年は8番人気ラインハートが3着で134万馬券の大荒れだった。他のJBC競走より荒れる可能性は高いといえる。ちなみにここで名前をあげた「3連単万馬券を演出した人気薄3着馬」は、すべて地方所属馬だ。手堅く買うなら1〜5番人気から本命・対抗を選んで馬連、高配当を期待するなら3着に地方馬を持ってくる3連単だろう。

前走傾向

過去7回の勝ち馬は、すべて前哨戦の大井・レディスプレリュードからの臨戦。ミラクルレジェンド(第1回と第2回の勝ち馬)は2年続けて両レースを制し、メーデイアも前哨戦と本番を連勝。サンビスタ、ホワイトフーガ、ララベルはレディスプレリュード2〜4着をステップに本番で勝利をつかんだ。「レディスプレリュード4着以内」からアタマを探したい。2〜3着馬のべ14頭も、8頭がレディスプレリュード組だが、1〜7着と幅は広くなる。それ以外の6頭は、スプリンターズS9着、室町S3着、準オープン1着・4着、川崎のA2B1で1着とバラバラ。昨年3着のラインハートはエルムS9着、BSN賞はスタートで落馬、地方へ移籍して初戦がJBCレディスクラシックという歩みだった。2〜3着候補は手広く考えたほうがよさそうだ。

血統傾向

過去7回の連対馬のべ14頭のうち、最多の6頭が父サンデーサイレンス系。4勝・2着2回、昨年はワン・ツー・フィニッシュを決めている。種牡馬の顔ぶれはフジキセキ、スズカマンボ、スパイキュール、ゴールドアリュールとバラエティ豊かだが、芝でリーディングを争うタイプというよりダートに強いイメージの面々が多い。

父ノーザンダンサー系からは3頭。キングヘイロー産駒メーディアが勝ち、クロフネ産駒ホワイトフーガが連覇と好相性を示している。連軸よりアタマ向きだろう。

2013年と2014年の2着馬はナスルーラ系バゴの産駒、アクティビューティとトロワボヌールだった。ミスタープロスペクター系ではUnbridled s Song産駒ラヴェリータとキングカメハメハ産駒レッツゴードンキが2着。ニアークティック系ワイルドラッシュ産駒クラーベセクレタも2着。これらは馬連の相手として注目したい種牡馬だ。

母の父では、サンデーサイレンス系、ノーザンダンサー系、ミスタープロスペクター系が4頭ずつ。この3系統の三つ巴と考えていいだろう。
Yahoo! toto

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。