2018年11月4日(日)

11R

2018年11月4日(日) | 5回京都2日 | - 発走

第18回JBCクラシック(GI)

ダート・右 1900m | 天気: | 馬場: | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:万円 | レコードが出たレース

日本TV盃1〜3着馬が軸。JRA勢が圧倒的に強い

配当傾向

過去5年の勝ち馬は1、3、3、2、4番人気。第1回からの通算は1番人気が7勝、2番人気と3番人気が3勝ずつ、4番人気と5番人気が2勝ずつと人気と勝ち数が比例している。過去5年の2〜3着も同様で、もっとも人気薄だったのが昨年3着ミツバの7番人気だ。どうしても中央勢の実績馬に人気が集中し、それらがキッチリと期待に応えて波乱は少ない。当然、馬連配当は240円、760円、2630円、700円、1050円と低め。3連単は1230円、3950円、10860円、4230円、27570円。2015年は3-4-1番人気の決着で万馬券、昨年は4-3-7番人気の順で万馬券となった。買い目を絞った馬連で手堅く仕留めるか、少しでも高配当を狙うなら3番人気あたりを軸にした3連単流し/マルチとなりそうだが、一攫千金は期待しないほうがいいレースだろう。

前走傾向

過去5年の連対馬のべ10頭の前走を見ると、昨年1〜2着のサウンドトゥルーとケイティブレイブを含む7頭が船橋の日本TV盃。7頭とも日本TV盃では1〜3着だったが、両レースを連勝したのはアウォーディーだけだ。ホッコータルマエはマイルチャンピオンシップ南部杯2着からの臨戦で2013年に勝利、南部杯3着だった2016年は2着。そして2014年のコパノリッキーは帝王賞2着以来の実戦でJBCクラシックを勝った。それ以前にさかのぼると、スマートファルコンが日本TV盃(3着と1着)をステップにしてJBCクラシックを連覇している。舞台が地方の競馬場だった昨年までは日本TV盃上位馬が軸、相手も同様+他の交流G1の上位馬、つまり地方の競馬場で結果を残してきた馬たちの戦いだったわけだが、京都でもこの傾向は続くだろうか。

血統傾向

過去5年の連対馬のべ10頭のうち、2014年・2015年連覇のコパノリッキーと2014年2着のクリソライトがゴールドアリュール産駒、昨年2着のケイティブレイブがアドマイヤマックス産駒で、これら父サンデーサイレンス系が2勝・2着2回の好成績だ。今回の舞台である京都ダート1900m(2013年以降)でも父サンデーサイレンス系は勝率8.2%と平均よりやや上、ゴールドアリュール産駒は勝率10.4%。やはりゴールドアリュール産駒のスマートファルコンが連覇したこともあり、注目すべき系統・種牡馬といえる。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は、昨年1勝・2015年2着のサウンドトゥルーが父フレンチデピュティ、2013年2着のワンダーアキュート(2012年の勝ち馬でもある)が父カリズマティック。京都ダート1900mでは勝率7.1%、クロフネとホワイトマズルの産駒が3勝ずつをあげるなどして、とりたてて不得手ではないが得意ともいえない。

2013年1着・2016年2着のホッコータルマエがミスタープロスペクター系キングカメハメハの産駒。連対はこの馬だけだが、過去にはティンバーカントリー産駒アドマイヤドンとエルコンドルパサー産駒ヴァーミリアンが3連覇している。いちど好走した馬は続けて走れる、といったイメージだ。京都ダート1900mでも勝率8.1%と高めだ。

一昨年の勝ち馬アウォーディーがジャングルポケット産駒。出走数が少ないせいもあって上位に来る回数も少ないが、ナスルーラ系は京都ダート1900mで勝率9.9%、準オープン〜重賞というハイレベルなレースに限れば全系統中でトップの14.3%と、実はもっとも走れる血統である。

母の父は、コパノリッキーとクリソライトがミスタープロスペクター系、サウンドトゥルーとアウォーディーがサンデーサイレンス系。京都ダート1900mの準オープン〜重賞でも、母父ミスタープロスペクター系が9勝、勝率8.0%、母父サンデーサイレンス系が8勝、勝率9.9%と、悪くない成績だ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。