2018年12月23日(日)

11R

2018年12月23日(日) | 5回中山8日 | 15:25発走

第63回有馬記念(GI)

芝・右 2500m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円 | レコードが出たレース

サンデーサイレンス系の天下。1番人気&前走G1の馬を素直に狙いたい

配当傾向

過去10年で1番人気は[6.2.1.1]。馬券にならなかったのは2015年8着のゴールドシップだけと信頼度は高い。ただし2着馬と3着馬は1〜14番人気に散らばっていて、馬券の組み立ては難しそうだ。馬連は440円〜29490円の範囲で万馬券は2回。馬単は最低が770円、4ケタが6回、万馬券が3回。3連複は最低が1050円、最高が192500円(10万馬券以上はこの1回だけ)、万馬券は4回。3連単は万馬券5回、10万馬券以上3回。3連単最高額の98万馬券が出た2008年は1番人気ダイワスカーレットが勝ち、2着が14番人気、3着が10番人気だった。まずは1番人気をアタマにして、手広く流す馬連・馬単・3連単がセオリーか。1番人気がそこまで堅くないと考えるなら、3連単マルチで高配当を狙ってみるという手がありそうだ。

前走傾向

ジャパンC組が最大勢力だが、[3.5.6.48]と2〜3着が多い。ジャパンCで4着以内なら[3.2.3.14]、5着以下だと[0.3.3.34]だから、これがアタマにできるかどうかの目安だ。菊花賞組の3歳勢が[3.1.1.5]、天皇賞(秋)からの直行組が[2.0.1.8]だから勝率はジャパンC組以上。特に菊花賞馬は[3.0.1.1]の高アベレージだ。前走がG1(海外含む)以外だと[1.2.1.44]。馬券になった4頭のうちトゥザグローリー、オーシャンブルー、ゴールドアクターは前走で重賞1着。残る1頭ウインバリアシオンは久々だった金鯱賞で3着、過去にG1連対あり。前走G2〜G3組を狙うなら前走1着か実績の高さが絶対条件となる。また前走で1番人気だった馬が[6.3.1.17]。重賞で主力視されていた存在ということであり、さすがに有馬記念でも安定している。

血統傾向

極端な傾向を示しているレースだ。なにしろサンデーサイレンス系種牡馬の産駒が過去10年で[9.7.6.72]。1・2・3フィニッシュが3回あり、勝率も9.6%と高い。また非サンデーサイレンス系ヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[1.0.1.8]。つまりヘイルトゥリーズン系しか勝っていないわけだ。

種牡馬別では、香港ヴァーズ勝ち馬ステイゴールドが4勝、三冠馬ディープインパクトが2勝、皐月賞馬アグネスタキオン、二冠馬ネオユニヴァース、ジャパンC勝ち馬スクリーンヒーロー、そしてブラックタイドが各1勝。ブラックタイドを除けば中長距離G1で実績を残してきた馬たちばかりだ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.2.3.22]。キングカメハメハ産駒とKing s Best産駒が馬券に絡んでいるが、5回中4回が7〜14番人気。穴馬の激走に注意したい系統だ。[0.0.0.10]のナスルーラ系も軽視すべきだろう。

母父の系統別成績は、ノーザンダンサー系が[3.5.2.33]、ナスルーラ系が[1.3.2.30]、ミスタープロスペクター系が[1.0.1.17]。ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系含む)だけは[0.1.2.33]と不振だが、父馬として好調なので仕方のないところか。が、少なくとも「母父サンデーサイレンス系」は2着3着がやっと、アタマには考えにくい。

ドリームジャーニー、オルフェーヴル(2勝)、ゴールドシップと、メジロマックイーンが母父として3頭の勝ち馬を送り出しているわけだが、いずれも父はステイゴールド、いわゆる“ゴールデンニックス が大爆発したケースであり、これはかなり特殊な例と考えていいはずだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。