2018年9月30日(日)

11R

2018年9月30日(日) | 4回中山9日 | 15:40発走

第52回スプリンターズステークス(GI)

芝・右・外 1200m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 | レコードが出たレース

連軸は人気サイド、穴なら3連複と3連単。先行勢を中心視すべき

配当傾向

過去10年間で1番人気は[4.1.0.5]。2014年はハクサンムーンが13着、2016年はビッグアーサーが12着に敗れていて絶対視は禁物だ。2番人気は[1.5.0.4]と勝ち切れず、3番人気は[2.1.0.7]。5〜9番人気は[1.2.9.38]と3着が多く、10番人気以下も[2.1.1.66]と時おり穴を開ける。過去5年に限ると、3着以内馬のべ15頭のうち、1〜3番人気が7頭、5〜9番人気が5頭、10番人気以下が3頭という割合だ。馬連は10年間で3ケタ配当3回、万馬券1回と大波乱はナシ。3連複は1万円台〜5万円台が7回、1万円未満が3回。3連単は万馬券が3回、10万馬券〜35万馬券が計5回出ている。単勝や馬連は1〜3番人気を軸に手堅く買うべき。そこに5〜9番人気を2頭以上、10番人気以下も最低1頭絡めて3連複・3連単の高配当を狙いたいところだ。

前走傾向

夏に使われていた馬、秋初戦の馬、海外勢などローテーションはさまざまだが、過去10年の勝ち馬のべ10頭のうち9頭が「前走は芝1200mの重賞」というタイプ。レース別ではセントウルS組(セントウルS取消のキンシャサノキセキ含む)が[4.3.3.53]、キーンランドC組が[2.3.5.32]と主流を占める。この2レースから進んできた馬が今回3番人気以内なら[4.5.0.10]と安定、4番人気以下だと[2.1.8.75]で3着候補として使えそうだ。他では北九州記念、CBC賞、香港G3、安田記念からのぶっつけから勝ち馬が出ている。前走1〜2着馬が[5.3.5.38]とさすがに成績はいいが、前走10着以下でも[2.3.0.26]と勝ち負けは可能。また前走4コーナー2〜3番手だった馬が[4.4.2.19]で勝率13.8%だから、先行できる馬を中心として考えたい。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は[1.5.3.36]と2着が多い。アタマより連軸向きだ。その他のヘイルトゥリーズン系種牡馬も[0.0.2.6]と中心には推しにくい。

代わって台頭するのが、まずはミスタープロスペクター系。ロードカナロアとレッドファルクスの連覇があり、[4.3.1.25]、勝率12.1%、連対率21.2%と好調だ。1〜3番人気だと[4.1.0.2]だから、人気なら◎、そうでないならヒモ穴といった評価だろう。

ノーザンダンサー系も[4.2.3.26]、勝率11.4%、連対率17.1%で侮れない。こちらは馬券に絡んだ9頭のうち5頭が6番人気以下と、穴っぽい空気も漂わせている。ただし2014年以降は3着以内なし。勢いに疑問が残る。

ミスタープロスペクター系ではキングカメハメハ、アドマイヤムーン、スウェプトオーヴァーボード、ノーザンダンサー系ではクロフネ、チーフベアハート、キングヘイローなど、いずれも現役時代にマイル以上の重賞を勝っている種牡馬の子が好走している。単純なスピードタイプではなく、ある程度は距離に融通の利くタイプの種牡馬であるかどうかもチェックしたい。

ナスルーラ系種牡馬が[1.0.1.32]。勝ったのは、やはりマイルG1馬アドマイヤコジーンの産駒スノードラゴンだ。サクラバクシンオーの産駒が[0.0.1.23]と冴えないことからもわかる通り、スプリンター色が強いと不利なレースなのかも知れない。

母の父の系統別成績は、ノーザンダンサー系が[4.1.1.35]、サンデーサイレンスが[3.2.0.23]と双璧。それ以外にもさまざまな系統から勝ち馬が出ているが、なぜかミスタープロスペクター系は[0.0.7.29]と苦しんでいる。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。