sportsnavi

2018年4月15日(日)

11R

2018年4月15日(日) | 3回中山8日 | 15:40発走

第78回皐月賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 |

主要前哨戦で人気・連対していた馬が中心となるレース

配当傾向

過去10年で1番人気が[2.2.2.4]、2番人気が[1.3.0.6]、3番人気が[2.1.2.5]、4番人気も[2.1.2.5]と、ここまではほぼ横並び。1〜4番人気の合計が[7.7.6.20]、単勝オッズでいうと11倍未満の馬が[7.8.5.22]で、この範囲の馬が馬券圏内の7割を占める。いっぽう5番人気以下が[3.3.4.127]、単勝11倍以上の馬が[3.2.5.125]と、穴馬も毎年のように絡んでくる。馬連は10年中2回で万馬券。3連複は4回が万馬券以上で、昨年は17万馬券。3連単は9回が万馬券以上で、39万馬券と106万馬券の大荒れもあった。まずは1〜4番人気・単勝オッズ11倍未満の馬から最低でも3頭をピックアップ。ここに5番人気以下/単勝11倍以上を2〜3頭絡めて馬券を組み立てるのがセオリーだろう。軸馬から流すか5〜6頭のボックスかは、他の要素も勘案して決めたい。

前走傾向

前走1着馬が過去10年で[8.5.4.50]、前走1番人気馬が[6.7.5.22]、前走1〜2番人気で連対なら[8.7.5.31]と安定。前走2〜4着馬は[2.5.4.53]と惜敗が多くなり、前走5着以下だと[0.0.2.44]と極端に成績は下がる。中でも前走10着以下は[0.0.0.16]、前走で勝ち馬から1秒以上負けていた馬は[0.0.0.24]とノーチャンスだ。前走のレース別で見ると共同通信杯からの直行組が過去5年で4勝、計[4.0.1.5]で要注目。これに[3.1.2.42]のスプリングS組が続き、弥生賞組は[2.5.4.33]と2〜3着が増える。後は毎日杯組が[1.0.0.12]、若葉S組が[0.3.1.18]。以上5レース以外からの臨戦は[0.1.2.37]で、馬券に絡んエイシンフラッシュ、サトノダイヤモンド、ペルシアンナイトは前走重賞で1番人気1着。よほどの力がないとイレギュラーな臨戦過程はマイナスだ。

血統傾向

サンデーサイレンス(SS)系種牡馬の産駒が[8.7.5.79]。出走馬の半数以上を占め、勝率8.1%、連対率15.2%、複勝率20.2%と上々の数字を残している。ただし1番人気でも[1.1.1.3]と半数は負けており、勝ち馬は1〜9番人気に散らばっている。数が多いだけに狙いを絞りにくいのが難点だ。

父がSS系という馬だけに絞って母父の系統別成績を見ていくと、ナスルーラ系が[3.0.3.12]で勝率トップだが、マイバブ系メジロマックイーンが2勝、ノーザンダンサー系Sadler sWells、ミスタープロスペクター系Machiavellian、ヘイルトゥリーズン系ブライアンズタイムが各1勝と、どんな系統でも走れるイメージ。この中では母父ノーザンダンサー系が[1.6.1.25]なので、2着候補として考えたい。

非SS系種牡馬の産駒は計[2.3.5.68]、勝率2.6%、連対率6.4%、複勝率12.8%。SS系よりもかなり劣る数字だ。勝ち馬は1番人気ロゴタイプ(父はノーザンダンサー系ローエングリン)と3番人気ドゥラメンテ(父はミスタープロスペクター系キングカメハメハ)、2着は2番人気エピファネイア(父はヘイルトゥリーズン系シンボリクリスエス)、1番人気トゥザワールド(父はキングカメハメハ)、4番人気ペルシアンナイト(父はノーザンダンサー系ハービンジャー)と、人気サイドばかり。穴馬が台頭する余地は小さい。

しかも非SS系から出た連対馬は、すべて母父がSS系。この「父が非SS系×母父がSS系」というタイプは[2.3.3.33]と勝ち負け可能だが「父も母父も非SS系」だと[0.0.2.35]。皐月賞におけるサンデーサイレンスの血の重要性がよくわかる数字だ。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。