2018年3月24日(土)

11R

2018年3月24日(土) | 3回中山1日 | 15:45発走

第66回日経賞(GII)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

前走・重賞で好走していた馬が中心だが波乱もありうる

配当傾向

1番人気は過去10年で[4.1.1.4]と連対率は5割。一応の中心だろう。2〜3番人気は[1.3.4.12]でヒモ評価となり、なぜか4番人気が[3.1.1.5]と好調だ。単勝オッズでいうと5倍未満の馬の[5.2.3.9]を5.0〜9.9倍の[3.4.3.11]が追う展開。10倍以上の馬も[2.4.4.82]と馬券には絡み、2012年には12番人気で単勝万馬券のネコパンチが逃げ切っている。波乱の余地も十分にありそうなレースだ。とはいえ馬連は2012年の28260円を除くと310円〜6370円の範囲で3ケタ配当が3回と、あまり振り回しすぎるのは禁物だろう。3連複は220円〜32630円で万馬券は6回、3連単は930円〜457140円の範囲で万馬券が5回、10万馬券以上が2回だから、高配当を狙うならやはり3連複・3連単が必須。人気サイドから穴馬まで幅広くフォローして中波乱に備えたい。

前走傾向

前走がJRA重賞だった馬が[10.10.10.75]、それ以外の馬は[0.0.0.27]。勝ち負けのためにはJRA重賞から進んでくることが必須といえる。また前走からの間隔で見ると、17週(おおよそジャパンC)〜7週という馬が[9.6.6.42]、それ以外の馬が[1.4.4.60]だから、ある程度ゆったりとしたローテーションで挑んでくる馬がベターで、レース別では有馬記念後の年明け初戦という馬が[3.4.2.6]と中心になる。これを含め前走G1・G2で連対していた馬が[6.1.3.12]で単勝候補、3〜5着だった馬が[2.5.3.8]の連対率38.9%で相手筆頭というイメージだ。前走JRA重賞で6着以下だった馬も[2.4.1.49]だから、穴として一考したい。前走4コーナーで先頭だった馬は[0.0.1.9]、11番手以下だった馬は[0.1.0.24]と、逃げ・追込み馬に厳しいレースともいえそうだ。

血統傾向

過去10年の出走馬のべ132頭のうち、サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒が[6.8.3.60]と一大勢力を築いている。勝率7.8%、連対率18.2%は目立つ数字ではないが、10年連続で連対中、ニューイングランド産駒ネコパンチが12番人気1着、マーベラスサンデー産駒ホッコーブレーヴが10番人気2着など安定感にも激走にも期待できる系統といえる。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[1.0.2.11]。勝ったのは前年のグランプリホース・ゴールドアクターで、3着はダイヤモンドSを勝ってきたモンテクリスエスと日経新春杯2着のムスカテール。長距離重賞で力を示している馬ならここでも上位争いは可能だろう。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が[2.1.3.6]。勝率16.7%、連対率25.0%、複勝率50.0%と、なかなかの数字を残している。出てくればマークは必要だが、馬券に絡んだ6頭は1〜6番人気。穴馬が何度も激走するほどこのレースに向いているわけではない。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.1.2.19]とイマイチだが、こちらは6番人気以下で[1.1.1.15]と穴で狙ってみたいタイプだ。

勝ち馬の母父の系統を見ると、ノーザンダンサー系が5勝、サンデーサイレンスが2勝、ナスルーラ系とファイントップ系とレイズアネイティヴ系が各1勝。幅広い系統が狙えるわけだが、ミスタープロスペクター系は[0.0.2.13]と苦しい戦いを強いられている。

父の系統と母父の組合せを見ると、よりクッキリと傾向が浮かび上がる。父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系というタイプが[5.5.1.27]で勝率13.2%と安定、ほかでは父サンデーサイレンス系×母父ナスルーラ系というタイプが[1.2.0.13]、父ミスタープロスペクター系×母父サンデーサイレンス系が[2.0.2.1]。こうした配合を中心に予想を考えたいところだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。