sportsnavi

2018年3月4日(日)

11R

2018年3月4日(日) | 2回中山4日 | 15:45発走

第55回報知杯弥生賞(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

前走重賞で高評価&好結果というタイプが中心

配当傾向

過去10年で1番人気が[5.2.0.3]、2番人気が[3.1.2.4]と、まずはこの両者の争い。単勝オッズ的には5倍未満の馬が[7.2.2.9]と安定感を見せている。3〜5番人気は[0.4.4.22]と未勝利だが2着・3着には押さえておきたい。11番人気以下になると[0.0.0.25]で望み薄だが、6〜10番人気以下は[2.3.4.41]と単穴またはヒモとして要注意の存在。実際2013年は1着が6番人気、2着が10番人気で馬連52300円、3連単461810円と荒れた。この年を除いた9回は馬連万馬券ナシ、3連複は190円〜41050円で万馬券2回、3連単は830円〜187960円で10万馬券が2回、万馬券が4回。1番人気を信じるなら、2〜10番人気まで幅広く散らした流し馬券で、高配当を狙うなら6〜10番人気から激走期待馬を見つけてボックスやマルチで、という買い方となりそうだ。

前走傾向

ラジオNIKKEI杯2歳S組と若駒S組が2勝ずつ、京成杯、朝日杯、共同通信杯、東京スポーツ杯、京都2歳S、500万下からの臨戦が各1勝と、前走はバラバラ。それでも、前走が新馬・未勝利・500万下だった馬の[1.3.1.42]に対し、重賞・オープンだった馬は[9.7.9.48]と大きくリードしている。前走重賞組は、前走が1着なら[5.2.0.9]、前走4番人気以内なら[6.5.6.22]と安定感はアップ。逆に前走6着以下だと[0.2.2.10]なので評価を下げたい。前走が500万下かオープンの場合、前走1着なら[3.1.0.20]、2着以下だと[0.2.1.20]なので、前走勝利がマストとなる。また前走がダートだった馬は[0.0.0.16]で芝への挑戦は失敗に終わっている。前走4コーナーを先頭で回ってきた馬も[0.1.0.12]と馬券にはほとんど絡まない存在である。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[6.4.5.51]と出走数および馬券に絡む回数的にはナンバー1。勝率は9.1%とそれほど大きなアドバンテージはないものの、1番人気に限れば[4.0.0.2]と優秀。いっぽう4番人気以下だと[1.4.4.43]だからヒモ穴候補のイメージだ。勝ち馬6頭の父を見ると、ディープインパクトが3勝、ネオユニヴァースが2勝、フジキセキが1勝と、3歳春の2000m重賞で実績を残してきた面々ばかり。2着馬4頭の父もネオユニヴァースとハーツクライ、いずれも3歳クラシック好走組だ。

非サンデーサイレンス系のヘイルトゥリーズン系は[2.1.0.12]の勝率13.3%と立派な数字。連対馬3頭の父は、フロリダダービー勝ち馬で数多くのステイヤーを送り出しているブライアンズタイム、有馬記念連覇のシンボリクリスエス、ドバイワールドC勝ち馬ロージズインメイと、馬力とスタミナのある種牡馬が揃っている。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.4.0.13]で勝率5.6%と平凡。Marju産駒のサトノクラウンが勝利したものの、数字的には威張れない。馬券対象となった5頭のうち4頭は1〜3番人気。3番人気以内が[1.3.0.1]、4番人気以下だと[0.1.0.12]だから、人気サイドなら注意、人気薄ではグッと評価を下げる、という考えかたでいいだろう。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.1.4.13]。数字的には冴えないが、馬券に絡んだ5頭のうち4頭が2013年以降と、近年は注意すべき存在となっている。3着以内馬6頭のうち4頭が母父サンデーサイレンス、1頭が母父スペシャルウィークなので、この「ミスタープロスペクター系×母父サンデーサイレンス系」という配合は無視できない。

ナスルーラ系種牡馬はジャングルポケット産駒ダイワファルコンの3着1回があるだけで[0.0.1.7]だから、あまり成績は良くない。

母の父の血統別成績は、ノーザンダンサー系が[6.1.3.26]で勝率16.7%とトップ。6勝のうち3勝は母父フレンチデピュティがあげたもので、文句なしの“弥生賞向き血統 だ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。