2018年11月3日(土)

11R

2018年11月3日(土) | 5回東京1日 | 15:35発走

第54回京王杯2歳ステークス(GII)

芝・左 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

毎年のように中波乱。決め打ちよりマルチやボックス向き

配当傾向

昨年は断然人気のタワーオブロンドンが勝ったものの、過去10年間の1番人気は[1.2.2.5]と信頼度が低く、2番人気も[1.1.1.7]と不振。勝ち馬は1〜14番人気、単勝配当180円〜6190円の範囲に散らばっていて、どこからでも狙えるレースだ。馬連は930円〜11270円で万馬券2回。3連複は1940円〜95590円で万馬券5回。3連単は6170円〜515710円で10万馬券以上が5回。近5年は10万馬券以上が出ていないが、いつ大荒れがあっても不思議ではない。[7.6.7.30]で一応は主軸になる1〜5番人気から数頭、[1.4.2.33]と2着の多い6〜9番人気からも数頭、万遍なくピックアップし、[2.0.1.52]の10番人気以下も必ず馬券に組み込んでおきたい。資金を抑えるなら3連複ボックス、荒れることを期待するなら3連単マルチか。いずれにせよ高配当狙いも可能なレースだ。

前走傾向

過去10年、前走が新馬戦だった馬は[2.1.0.12]、未勝利戦だと[0.2.2.21]、500万下が[1.1.3.29]、オープン特別が[3.3.2.33]、重賞が[4.3.3.20]。勝率順では重賞と新馬が互角、次いでオープン、500万下となる。またキャリア1〜2戦の馬が[7.5.3.43]で勝率12.1%、キャリア3〜5戦の馬が[3.5.6.65]で勝率3.8%と前者が優位だ。重賞組で連対した7頭は、前走7着以内。まずはこれが本命の第一候補か。新馬勝ち直後にこのレースで馬券に絡んだ3頭は前走・芝1400m戦で1〜2番人気、先行しての1着だった。前走オープン組で連対した6頭のうち、4頭が前走1番人気、4頭が前走1着、5頭がキャリア2〜3戦。以上の条件を満たす馬を手広く買いたいところ。前走がダートだった馬は[0.0.0.13]、前走10着以下も[0.0.1.6]と好走は厳しそうだ。

血統傾向

過去10年でサンデーサイレンス系の種牡馬は[2.7.4.47]と、2着が多い。あのオルフェーヴルですら1番人気で10着、このレースに強い系統とはとてもいえない。連対馬9頭のうち7頭が前走1番人気で1着、1頭が1番人気で重賞2着、残り1頭が5番人気で500万下レコード勝ち。好調な馬だけを狙いたい。サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[0.0.0.6]。モーリスが1番人気で6着など、こちらも冴えない。

馬券に絡む回数と率では[4.3.2.26]のミスタープロスペクター系種牡馬が優秀。馬券に絡んだ9頭中、1番人気は2頭だけ、6頭が5番人気以下だから、穴でこそ買いたいタイプだ。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒が[3.0.2.22]。こちらは5番人気以内で[3.0.1.4]、6番人気以下では[0.0.1.18]だから、ある程度は人気になっている馬を狙いたい。ナスルーラ系は[1.0.2.12]で、サクラバクシンオー産駒グランプリボスが勝っている。

母の父の系統別成績は、サンデーサイレンス系が[3.1.1.15]、勝率はトップの15.0%。ノーザンダンサー系も[4.4.4.29]で勝率9.8%と健闘としている。ナスルーラ系も1〜3番人気に限れば[2.1.0.3]なので狙いたいところだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。