sportsnavi

2018年10月13日(土)

11R

2018年10月13日(土) | 4回東京4日 | 15:45発走

第66回アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(GII)

芝・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 | レコードが出たレース

堅すぎないし荒れすぎない。前走の位置取りには要注意

配当傾向

過去10年間で1番人気は[0.4.2.4]、2番人気も[0.1.3.6]と未勝利。なぜか4番人気が[4.1.0.5]と好調で、3〜5番人気の合計が[7.4.3.16]と主力を形成している。7番人気以下も[3.1.2.90]だから消すわけにはいかない。単勝オッズでいうと、5.0〜9.9倍の馬が[6.2.4.15]で◎候補、15.0〜49.9倍の馬が[3.0.1.41]で単穴候補だ。ただし馬連万馬券は10年間で2回だけ、最高が27120円。3連複は1410円〜63410円の範囲で万馬券は5回。3連単は8730円〜423340円の範囲で10万馬券以上は4回。1〜3着が1〜5番人気で収まったケースが10回のうち5回あり、7番人気以下が同時に2頭馬券に絡んだのは1回だけだ。ひとまず3〜5番人気・単勝5.0〜9.9倍の馬を軸にして、相手は人気サイドから穴馬まで幅広く拾って中穴を狙うべきレースだろう。

前走傾向

クイーンS組の[2.2.1.23]など前走が重賞(海外・地方を含む)だった馬が[6.8.7.90]。この組は前走2ケタ着順から巻き返して勝利したこともある。ただし前走が10番人気以下だと[0.1.0.31]。一定の評価を集めていた馬がよさそうだ。前走の距離が1800mまたは2000mだと[5.6.4.56]、前走4コーナーを3〜7番手で回ってきた馬が[6.3.2.32]なので「中距離重賞で好位〜中団につけていた馬」が有力ということになる。前走が条件戦〜オープン特別という馬も[4.2.3.36]で好勝負は可能。ただしこの組は、前走で連対していれば[4.1.2.18]だが3着以下だと[0.1.1.18]。前走での好走が絶対条件だ。また前走4コーナー4番手以内だと[4.1.1.12]、5番手以下だと[0.1.2.24]。つまり「条件戦〜オープンで先行して連対してきた馬」が狙い目となるわけだ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が10年間で[6.7.5.66]と勝ち星トップだ。ただし勝率7.1%は目立つ数字ではなく、ディープインパクト産駒が[0.4.2.5]と取りこぼしているように必ずしも“絶対 とはいえない。1〜3番人気で[1.4.4.8]、4番人気以下で[5.3.1.58]なので、人気サイドよりむしろ穴っぽい馬を狙うといいかも知れない。サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[0.0.1.14]と不調だ。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[2.2.3.21]。クロフネ、フレンチデピュティ、ファルブラヴ、キングヘイローと、マイラー色の強い種牡馬の産駒が馬券に絡んでいる。4コーナー2番手グループから粘り込んだ馬が多いため、ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は「前へ行けるマイラーなら要注意」と考えたい。

ナスルーラ系種牡馬の産駒は[1.0.0.9]で勝ったのはテレグノシス産駒マイネイサベル。ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.0.0.15]でキングカメハメハ産駒ディアデラマドレが勝っている。無視はできないが、このレースとの相性が良好とまではいいがたい。

母の父としてはサンデーサイレンスに注目。10年間で[4.0.2.21]の勝率14.8%と上々の成績だ。母父ノーザンダンサー系という馬は[2.6.7.39]と2〜3着が多いが、1〜5番人気で[2.6.6.11]、6番人気以下で[0.0.1.28]と、穴馬の激走は期待薄。サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系が母父だと[0.1.0.10]、母父ミスタープロスペクター系は[0.1.1.13]なので軽視したい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。