2018年6月3日(日)

11R

2018年6月3日(日) | 3回東京2日 | 15:40発走

第68回安田記念(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 |

前走の着順は重視すべきだが、結果はやや荒れ気味

配当傾向

過去10年で1番人気馬は[4.1.0.5]。連対したのはウオッカ、ロードカナロア、ジャスタウェイ、モーリスというワールドクラス、それ以外は惨敗と明暗が分かれている。2番人気は[2.1.0.7]とソコソコ、3〜6番人気は[0.5.4.31]でヒモ向き、7番人気以下も[4.3.6.99]とたびたび激走している。やや荒れる傾向といえるわけで、実際、馬連は10年中4回が万馬券、3連複は9回が万馬券、3連単は2回が万馬券で残り8回は10万馬券以上と高配当連発だ。ただし馬連は最高18730円、3連複は最高92530円、3連単は最高46万馬券。人気が割れる傾向のレースとあって、複数の穴馬が来ても超のつく高配当にはならない点に注意したい。強い1番人気がいれば軸にして流す、そうでなければ幅広くピックアップしたボックスかマルチで万馬券〜10万馬券を仕留めたい。

前走傾向

過去10年、前走が京都・阪神だった馬は[0.4.8.52]と2着まで。[6.3.2.51]の東京組、[2.1.0.9]の中山組が有力で、他には高松宮記念組とドバイ帰りの馬が各1勝をあげている。前走がG1だった馬(海外含む)は[5.3.0.43]の勝率9.8%。いっぽうG2以下からの臨戦は[5.7.10.99]で勝率4.1%、2〜3着の多さが特徴的。この組はダービー卿チャレンジT組と京王杯スプリングC組が各2勝で合わせて[4.3.2.36]と主力、マイラーズC組と大阪杯組は合わせて[0.3.8.37]だからヒモ向きといえる。また前走1着馬が[5.2.1.33]で勝率12.2%、2〜4着だと[4.5.5.59]で勝率5.5%、5着以下だと[1.3.4.50]で勝率1.7%と、前走の結果と今回とが素直にリンクしている。特に前走で勝ち馬から0.5秒以上負けていた馬は[0.3.3.44]と苦戦必至だ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は[3.3.4.72]。勝率3.7%と低アベレージだ。馬券に絡んだのはディープインパクト、ハーツクライ、マンハッタンカフェ、ダンスインザダークなどの産駒。いっぽうフジキセキ産駒は[0.0.0.7]、ダイワメジャー産駒は[0.0.0.9]。狙うならマイルで活躍した父より長距離適性のある父の子だろう。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[4.2.2.16]で勝率16.7%、連対率25.0%、複勝率33.3%とハイアベレージだ。ただし3着以内に入ったのは、ウオッカ、スマイルジャック、ストロングリターン、モーリスの4頭だけ。特定の馬だけが続けて好走し、しかもタニノギムレット、シンボリクリスエス、スクリーンヒーローと、やはり長距離適性のある種牡馬の子ばかりだ。また3着以内に入ったのは、いずれも5番人気以内の時。6番人気以下では[0.0.0.14]と用なしだ。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.3.0.27]で勝率は3.2%。こちらは連対した4回が5、6、8、8番人気と穴傾向。連対馬の父は主にマイル以下で活躍した種牡馬なのでスピード型に注意したい系統だ。

ナスルーラ系種牡馬の産駒は[1.2.0.8]で、ショウワモダンが8番人気1着、グランプリボスが13番人気と16番人気で2着。ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.0.4.19]で、キングカメハメハ産駒ロードカナロアの1番人気1着があるが、3着に来た4頭は9、10、15、3番人気。この2系統はヒモ穴として注意しておきたい。

母の父の系統別成績は、馬券に絡んだ数ではノーザンダンサー系の[3.3.4.52]、勝率ではナスルーラ系の[3.0.1.14](16.7%)がトップ。ただしミスタープロスペクター系とサンデーサイレンス系も各1勝、レイズアネイティヴ系やプリンスキロ系、ニアークティック系など幅広い系統が連対していて、それほど大きな有利・不利はなさそうだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。