2018年5月27日(日)

10R

2018年5月27日(日) | 2回東京12日 | 15:40発走

第85回東京優駿(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 |

皐月賞上位馬から入るのがセオリーだが、穴馬も買っておきたい

配当傾向

過去10年で1番人気は[4.1.3.2]、2番人気が[2.1.0.7]、3番人気が[3.2.1.4]と三つ巴。ただし上位人気3頭の決着は2回しかなく、4番人気以下が[1.6.6.135]と2〜3着の6割を占めている。単勝オッズでいうと、5倍未満の馬が[5.2.3.7]、5〜9.9倍の馬が[4.3.1.15]、10〜19.9倍の馬が[0.3.3.18]、20倍以上の馬が[1.2.3.108]だ。馬連万馬券は10年中2回だけだが、3連複は10年中7回が万馬券で最高は37690円。3連単は10年中9回が万馬券以上、うち5回は10万馬券となっている。1〜3番人気から軸馬を決め、馬連ならそこから幅広く流す。3連複や3連単では一応は人気サイドを本線としながらも、人気サイド-穴-穴というイメージで馬券を組み立てるのが正解かも知れない。

前走傾向

常識的には皐月賞からの直行組を狙うべきだろう。過去10年で[8.7.4.63]と安定しているので、軸はこの組だ。京都新聞杯組が[1.1.1.18]、NHKマイルC組が[1.0.1.28]だが、このローテーションで勝ったキズナとディープスカイはどちらも前走1番人気1着、日本ダービーでも1番人気。皐月賞組より明らかに高い素質を持った馬でないと厳しいステップといえる。青葉賞組は[0.2.3.22]でヒモ候補、プリンシパルS組は[0.0.1.10]と一枚落ちる印象だ。また前走1着馬が[4.4.4.31]、2〜3着馬が[3.2.3.44]、4〜5着馬が[2.1.0.14]と、ここまでは互角。前走6着以下だと[1.3.3.59]で、馬券に絡んだ7頭のうち6頭は皐月賞で4番人気以内に支持されていた実力馬だった。

血統傾向

10年間の出走馬178頭中117頭をサンデーサイレンス系種牡馬の産駒が占め、成績は[7.7.6.97]。勝率6.0%は自慢できる数字ではないが、1・2・3フィニッシュが4回、10年連続で馬券圏内に入っていて、このレースの中心勢力であることは間違いない。

ディープインパクト産駒が3勝、アグネスタキオン、ネオユニヴァース、ステイゴールド、ハーツクライの産駒が各1勝。アグネスタキオンは皐月賞を最後に引退したが、他の種牡馬はいずれも2400mG1の勝ち馬。距離適性は重視したいところだ。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系は[0.2.0.16]。2着はタニノギムレット産駒のスマイルジャック、シンボリクリスエス産駒のエピファネイアで、父馬は2400〜2500mG1の勝ち馬。やはり距離適性が重要だ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[3.1.1.22]。勝ったのはKing s Best産駒エイシンフラッシュとキングカメハメハ産駒のドゥラメンテとレイデオロで、2着と3着もキングカメハメハ産駒。King s Bestの父はKingmamboだから、この系統=Kingmamboの血を引く種牡馬には要注意だろう。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[0.0.3.11]、ナスルーラ系は[0.0.0.2]。ここのところ日本ダービーとの相性は良くない。

母父の系統別成績はノーザンダンサー系が[4.3.2.53]と中心勢力だ。連対した7頭はすべて父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系。日本ダービーと相性のいい配合だ。

ほかでは母父ナスルーラ系、ハンプトン系、マイバブ系など幅広い系統から勝ち馬が出ているが、母父サンデーサイレンス系は[1.3.1.24]と勝率が低く、母父ミスタープロスペクター系は[0.1.3.21]と不振。やや割り引いて考えたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。