2018年5月13日(日)

11R

2018年5月13日(日) | 2回東京8日 | 15:40発走

第13回ヴィクトリアマイル(GI)

芝・左 1600m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

記録的大波乱もアリ。血統を意識しつつ先行型を狙いたい

配当傾向

過去10年、1番人気は[3.3.0.4]。連対率60.0%はまずまずだが、ウオッカとブエナビスタを除けば[1.1.0.4]。歴史的名牝以外の信頼度は数字の見た目ほど高くない。2〜5番人気が[4.1.5.30]と健闘し、6、7、11番人気が各1勝と荒れる可能性も秘めたレースで、実際たびたび高配当が飛び出している。馬連は10年間で万馬券2回と大人しいが、3連複は10回中7回が万馬券以上で最高は2015年の286万馬券、3連単は9回が万馬券以上で、19万馬券、40万馬券、91万馬券、そして2015年は2070万馬券と記録的な大荒れとなった。イメージとしては「常に中波乱。1〜3番人気が馬券圏外に消えて超大荒れになることもある」というレース。人気サイドから穴馬までバランスよく配してボックスやマルチで馬券を組み立てる戦略がいいのではないだろうか。

前走傾向

勝ち馬のべ10頭の前走を見ると、阪神牝馬S組が[4.3.3.53]と中心勢力。ドバイデューティーフリー、ドバイシーマクラシック、マイラーズC、中山牝馬S、大阪杯、高松宮記念からも勝ち馬が出ている。福島牝馬S組は[0.2.2.35]と相性が悪いが、これを除いた前走重賞組(海外・地方含む)が[10.8.7.100]となっていて、この組は前走5着以内で[5.3.7.43]、6着以下で[5.5.0.57]と前走成績は関係なし。ただし前走5番人気以内だと[8.4.6.55]、6番人気以下だと[0.2.1.43]と成績は大きく異なる(海外遠征帰りは除く)。また前走4コーナー3番手以内だと[4.1.1.11]、13番手以下だと[0.1.0.17]と先行タイプが優秀だ。まとめれば「前走は福島牝馬S以外の重賞で5番人気以内。先行していれば着順は関係なし」ということになりそうだ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[7.5.6.81]、それ以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[1.1.1.8]、合わせて[8.6.7.89]と1〜3着馬の7割を占める。出走数が多いので当然だが、10年連続で連対、1・2・3フィニッシュ4回と、このレースとの相性の高さは間違いのないところだろう。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.3.1.28]。フレンチデピュティ産駒のショウナンラノビアが3着、クロフネ産駒のブラボーデイジーが2着、ホエールキャプチャが1着と2着。この親子の産駒には要注意だ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.1.1.20]。馬券に絡んだアパパネ、レディアルバローザ、ケイアイエレガントはいずれもキングカメハメハ産駒。こちらも特定の種牡馬が好走している。

以上の系統以外はまとめて[0.0.1.11]と冴えない。

母の父に目を向けると、馬券に絡んだ数では[3.4.5.54]のノーザンダンサー系、勝率では[2.1.1.8]のヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系以外)と[3.0.1.24]のミスタープロスペクター系がリード。ナスルーラ系が[1.3.1.21]、サンデーサイレンス系が[1.2.1.28]と、勝ち馬は出しているものの率としては低調だ。

1〜3着以内馬のべ30頭のうち、父サンデーサイレンス系が18頭、父ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系以外)が3頭、母父サンデーサイレンス系が4頭、母父ヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系以外)が4頭。父・母父ともヘイルトゥリーズン系/サンデーサイレンス系でない馬は5頭しかいない(うち3頭は父キングカメハメハ)。ヘイルトゥリーズンの血を持たないと上位に来ることは難しいレースだともいえる。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。