2018年5月12日(土)

11R

2018年5月12日(土) | 2回東京7日 | 15:45発走

第63回京王杯スプリングカップ(GII)

芝・左 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5900、2400、1500、890、590万円 |

どんな人気でも走れる混戦レース。差し馬を重視したい

配当傾向

1番人気は過去10年で[1.0.1.8]とアテにならず、2番人気と4番人気が2勝ずつ、3番人気と5番人気が各1勝で、ここまではほぼ互角。6〜9番人気は[1.2.3.34]とさすがに苦しいが、10番人気以下が[2.2.1.69]と人気薄が激走することもある。単勝オッズ70倍超の馬は[0.0.0.36]で用なしだが、それ以上の人気ならどこからでも買える一戦といえるだろう。馬連は2630円〜22590円で万馬券は2回。3連複は4回が1万円未満、5回が万馬券、残る1回が327420円。3連単は10年連続万馬券以上で、16万、17万、41万、179万馬券が出ている。超大荒れ連発というわけではなく「人気が割れているため、穴馬が馬券に絡んでもソコソコの配当に収まっている」というイメージだ。軸を決めて流すより、幅広い人気を絡めてボックスで買うべきレースではないだろうか。

前走傾向

前走がJRA重賞だった馬が[8.8.7.83]。高松宮記念組が[4.1.3.23]と一歩リードしているほか、ダービー卿組が[2.1.2.22]、東京新聞杯組が[1.3.0.0]、阪神牝馬S組が[1.1.0.7]と、マイル以下の重賞を使ってきた馬が主力。これらJRA重賞組は、前走5着以内だった馬が[4.6.4.28]、6着以下でも[4.2.3.55]と巻き返しは可能だ。前走がオープン特別だと[0.1.2.38]と苦戦しているが、1600万下を勝ち上がってきた馬は[2.1.1.9]と前走重賞組とも遜色なし。勢いのある馬の連勝には気をつけておきたい。また前走1〜3番人気が[7.2.5.32]の勝率15.2%と優秀。脚質別では、前走4コーナーを4番手以内で回ってきた馬が[0.5.3.36]。逃げ・先行勢は2着が精一杯というレースになっているわけで、差し馬を重視した予想を心がけるべきだ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は[4.7.8.51]。馬券に絡んだ数は最多ながら勝率5.7%は並の数字。それ以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[2.0.0.18]で勝率10.0%と健闘しているが「勝つか、馬券に絡めず終わるか」の極端な成績だ。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒が[2.2.1.30]で勝率5.7%、ナスルーラ系種牡馬の産駒が[1.1.0.14]で勝率6.3%、ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒が[1.0.1.18]で勝率5.0%と、ほぼ横並び。人気と同様、血統も「どこからでも買える」レースといえそうだ。

勝ち馬の父を見ると、ロドリゴデトリアーノ(英愛2000ギニー)、Giant s Causeway(サセックスS)、サクラバクシンオー(スプリンターズS)、フジキセキ(朝日杯3歳S)、ダイワメジャー(安田記念や天皇賞・秋)、タイキシャトル(安田記念)、スウェプトオーヴァーボード(メトロポリタンH)と短距離〜マイルのG1で実績を持つタイプだ目立つ。それ以外も、シンボリクリスエスはアルフレードやサンカルロの父、サクラプレジデントは朝日杯2着馬、ディープインパクトからもマイルG1勝ち馬が出ていて、やはりマイル以下に対応可能なスピードのある種牡馬を重視すべきと思われる。

母の父の系統別成績は、ミスタープロスペクター系が[1.1.0.19]、サンデーサイレンス系が[1.2.1.27]、ナスルーラ系が[0.1.1.21]と苦戦。ノーザンダンサー系が[4.5.5.46]で勝率6.7%、可もなく不可もなしだ。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系は[2.0.2.10]と好調。またスーパーホーネットの母父エルセニョールはレイズアネイティヴ系、ダイワマッジョーレの母父Law Societyはトムロルフ系と、マイナー血統でも勝ち負けできている点に注意しておきたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。