sportsnavi

2017年9月17日(日)

11R

2017年9月17日(日) | 4回阪神4日 | 15:35発走

第35回関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)

芝・右・外 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

オークス上位人気&上位着順馬から手広く流したい

配当傾向

過去10年で1番人気は[5.2.1.2]。後の牝馬三冠馬アパパネが4着に敗れる波乱はあったが、勝率50.0%、複勝率80.0%は立派な数字だ。対抗格の2番人気は[1.2.1.6]、3番人気は[0.0.2.8]と物足りない数字。むしろ4〜10番人気が合計で[4.4.6.56]と馬券に絡んでくる。馬連は170円〜23040円の範囲で万馬券は2回、3連複は420円〜172890円の範囲で万馬券以上が7回と、4〜10番人気の好走のおかげで荒れた配当も頻発。3連単となると10回中2回が万馬券、6回が10万馬券以上で最高は759650円だった。1番人気が軸、2〜3番人気は押さえ程度、4〜10番人気に手広く流すのがセオリーだろう。相手も人気サイドだと配当は低くなるが、上手く荒れれば儲けもの。手堅く当てるなら馬連だが、チョイ荒れに期待するなら3連複や3連単、という戦略がよさそうだ。

前走傾向

過去10年、オークスからの直行馬が[8.5.1.35]で勝率16.3%、連対率26.5%。オークス4着以内に限れば[7.4.0.9]の勝率35.0%、オークス1〜3番人気なら[5.4.0.6]で勝率33.3%と、さらに信頼度は高まる。質・量とも他のローテーションを圧倒しており、まずはこれらの条件を満たす馬を軸としたい。いっぽう前走オークス組以外は[2.5.9.88]と2〜3着候補。このグループは前走1着なら[2.3.4.40]、2着以下なら[0.2.5.48]と好走可能性には大きな差が生じている。また前走が芝の1600m、1800m、2000mだと[2.5.7.60]、それ以外だと[0.0.2.28]なので、この点も要チェック。前走が1000万下だった馬は3着7回でヒモ穴候補だ。オークス組・それ以外とも、前走4コーナーを1〜2番手で回ってきた馬は[0.0.0.28]。逃げ馬には厳しいレースといえそうである。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬の産駒が過去10年で[9.5.5.70]。出走馬の半数以上を占めるので上位に来る回数が多いのも当然だが、勝率10.1%は威張れる数字だろう。種牡馬別ではディープインパクトが[4.2.2.15]の勝率17.4%と好調。他ではアグネスタキオンが2勝、ステイゴールド、ゼンノロブロイ、ハーツクライが各1勝と、1800〜2400mベストのタイプが好調だ。

サンデーサイレンス系以外の種牡馬から出た唯一の勝ち馬が、2011年のホエールキャプチャで、父はノーザンダンサー系のクロフネだ。ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.2.2.22]だから一応は押さえておきたい血統。2〜3着に来た馬の父はフレンチデピュティ、ホワイトマズル、ファルブラヴ、キングヘイローで、ややマイラー寄りの血統といったイメージか。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.1.3.17]で、ギリギリ馬券に絡めるかどうか。キングカメハメハ産駒のアパパネが1番人気で4着に敗れていて実績・人気が高い馬でも信頼度としてはイマイチだ。半面、やはりキングカメハメハ産駒のタガノエトワールが15番人気2着と大駆けもありうる。

非サンデーサイレンス系のヘイルトゥリーズン系は[0.0.0.7]と苦戦。他ではナリタトップロード産駒ベッラレイアとテレグノシス産駒マイネイサベルが2着になっただけだ。

父の系統×母父の系統という観点では、父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系という馬が[6.2.3.35]で勝率13.0%だから、まずはこれが本命候補か。父サンデーサイレンス系×母父ナスルーラ系も[2.1.0.6]と好調で、父サンデーサイレンス系×母父ミスタープロスペクター系は[1.1.1.18]と少し信頼性が落ちる。

母父サンデーサイレンス系という馬は[1.3.3.17]。馬券にはたびたび絡んでいるし、2〜3着に来た6頭中4頭は6番人気以下だった。信頼度としては低いが押さえておくべきだろう。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。