競馬 - 毎日放送賞スワンステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年10月28日(土)

11R

2017年10月28日(土) | 4回京都8日 | 15:35発走

第60回毎日放送賞スワンステークス(GII)

芝・右・外 1400m | 天気:雨 | 馬場:重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5900、2400、1500、890、590万円 | レコードが出たレース

波乱は必至。前走で揉まれてきた馬の巻き返しが狙い目

配当傾向

単勝配当は過去10年中9回が1000円未満、最高は2050円。とはいえ必ずしも人気上位が安定しているわけではなく、1番人気は[2.1.0.7]、2番人気も[2.0.1.7]と不振だ。3番人気が[3.2.1.4]と健闘し、4番人気以下も[3.7.8.111]とたびたび馬券圏内に来ている。オッズが割れる傾向にあり、どこからでも買えるレースだといえる。馬連は910円〜42790円の範囲で万馬券2回。3連複は1520円〜154690円で2回が10万馬券以上、7回が万馬券。3連単は7020円〜881590円で6回が10万馬券以上となっている。単勝オッズ10倍未満の馬が[9.5.3.30]だから、ここから軸と相手筆頭を探すとして、10倍以上100倍未満の馬が[1.5.7.75]なのでヒモ穴はこの範囲から幅広くピックアップ。やや多めの買い目点数になることは覚悟のうえで高配当をゲットしたいところだ。

前走傾向

過去10年、前走が中央の重賞だった馬が[6.7.8.70]、オープン特別だった馬が[4.2.0.40]で計[10.9.8.110]と馬券圏内のほとんどを占める。このうち前走1着だった馬が[3.1.0.9]と好調、2〜5着馬は[1.3.2.30]と不振で、むしろ6着以下から[6.5.6.71]と巻き返しているのが特徴。レース別ではスプリンターズS組が[2.1.2.29]と主流だが、前走が芝1200mだった馬は[2.6.4.58]と勝ち切れていないのが実状だ。芝1600mからの臨戦が[7.3.3.36]と堅調で、安田記念以来のぶっつけ組が[2.2.2.6]、ポートアイランドS組が[3.1.0.13]と、こちらのローテーションに注意したいところ。G1やマイル以上の距離で着外に敗れた馬、つまり強い相手や不向きな距離で揉まれてきた馬が1400mで上昇、というパターンが狙い目になりそうだ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[6.6.6.44]、それ以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[1.0.2.11]、合わせて[7.6.8.55]と3着以内の7割を占めている。一応はこの系統が軸だ。グラスワンダー、フジキセキ、ダンスインザダーク、アグネスタキオン、ダイワメジャー、ディープインパクトと「マイルから長距離まで幅広く対応できる」タイプの種牡馬から勝ち馬が出ている。

対抗格はノーザンダンサー系種牡馬の産駒で[2.3.0.20]。連対率20.0%は立派だが、Giant s Causeway産駒のスズカコーズウェイとForest Wildcat産駒のエーシンフォワードが1番人気ながら5着以下に敗れており、信頼度が高いとはいえない。

ナスルーラ系は[1.0.0.24]で、勝ったのはサクラバクシンオー産駒グランプリボス(当時3番人気)。4番人気以下だと[0.0.0.18]と激走には期待できず、また頼みの綱のサクラバクシンオー産駒ものべ15頭走って1勝だから、信頼感にも乏しい系統だ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.1.2.27]と10年間未勝利。しかも5番人気以内に推された馬が[0.0.0.9]と、まったく走れていない。逆にウォーエンブレム産駒ショウナンアルバが9番人気2着、キングカメハメハ産駒アドマイヤセプターが7番人気3着、Zensational産駒エイシンスパルタンが6番人気3着と、穴馬が上位に来ている点には要注意だろう。

母の父を見ると、幅広い系統から勝ち馬が出ていて大きな有利不利はなさそうだ。ノーザンダンサー系が[3.6.6.53]と馬券によく絡んでいるものの、勝率は4.4%止まり。ただし過去10年の勝ち馬10頭のうち、2頭は父がノーザンダンサー系、3頭が母父ノーザンダンサー系、6頭が母母父ノーザンダンサー系で、以上に該当しないのはグランプリボスだけ。ある程度はノーザンダンサーの血を重視したい。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。