sportsnavi

2017年9月18日(月)

11R

2017年9月18日(月) | 4回中山5日 | 15:45発走

第71回朝日杯セントライト記念(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

幅広い人気が馬券に絡む混戦レース

配当傾向

過去10年で1番人気は[4.1.1.4]。4勝はいずれも単勝オッズが3倍未満の時だった。それ以上のオッズなら絶対視は禁物だ。2番人気が[1.3.1.5]、3番人気が[1.2.1.6]、4番人気が[1.1.1.7]と、このあたりはほぼ横並び。5〜9番人気も[3.2.3.42]と馬券によく絡み、10番人気以下も[0.1.3.70]。どんな人気でも油断できない印象だ。馬連は250円〜13320円の範囲で万馬券は1回だけ。3連複は770円〜125690円の範囲で万馬券以上は5回。3連単は10回中8回が万馬券以上で、2012年が13万馬券、2015年が61万馬券、もっとも低い配当は昨年の1820円だった。昨年は1・2・3番人気で決まったが決して“堅い レースではなく、かといって大荒れに荒れることも少ない。人気サイドから穴馬までバランスよく買って中穴を仕留めたいところだ。

前走傾向

過去10年、前走がJRA重賞だった馬はトータルで[8.6.7.40]、勝率13.1%だから、まずはこのローテーションが中心。とりわけ日本ダービーからの直行組が[6.4.3.15]で主力、ラジオNIKKEI賞組も[2.1.2.17]と健闘している。重賞4着以内なら[6.1.3.15]で勝率24.0%と安定感を増すが、5着以下からでも[2.5.4.25]と巻き返しは可能だ。いっぽう前走が500万〜1000万下だった馬は[2.4.3.74]と、率的には低いものの注意は必要。この組は前走が3着以内なら[2.2.3.55]、前走3番人気以内なら[2.3.2.49]なのに対し、前走4着以下だと[0.2.0.19]、前走4番人気以下だと[0.1.1.25]と好走確率は下がる。前走重賞好走馬を軸にするのは当然として、穴なら前走条件戦で好走した馬、といった馬券の組み立てがセオリーとなりそうだ。

血統傾向

10年間の出走馬164頭のうち、サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒が約半数の85頭を占める。成績的にも[8.3.7.67]、勝率9.4%と他の血統を上回っており、まずは中心視すべきだろう。6番人気以下でも[3.0.2.46]と勝てているから、人気にかかわらず買っておきたい。

個別の種牡馬では、[3.0.1.4]のステイコールドに要注意。いっぽうディープインパクトは[1.2.2.20]。昨年はディーマジェスティが勝ったものの、1番人気だったヒラボクディープが13着、サトノラーゼンが7着、2番人気ニューダイナスティが9着など人気上位馬の大敗も目立つ。過信できない血統だ。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系も[2.4.1.23]と頑張っている。ブライアンズタイム産駒スカイディグニティが14番人気で2着、スクリーンヒーロー産駒ミュゼエイリアンが9番人気2着など、穴馬にも注意が必要だ。

ミスタープロスペクター種牡馬の産駒が[0.1.2.16]、ナスルーラ系種牡馬の子が[0.1.0.8]、ノーザンダンサー系種牡馬の産駒にいたっては[0.0.0.19]と、ヘイルトゥリーズン系〜サンデーサイレンス系以外は不本意な成績しか残せていない。完全無視は危険だが、「ヒモとして2〜3頭押さえておく」くらいで十分だろう。ちなみに父が非ヘイルトゥリーズン系で3着以内に入った5頭のうち3頭が母父サンデーサイレンス、1頭が母父スペシャルウィーク。「父サンデーサイレンス系」と同様「母父サンデーサイレンス系」にも注意が必要といえる。

その母父の系統別成績を見ると、ノーザンダンサー系が[3.2.4.36]と馬券圏内によく来ているが、率としては平凡。ナスルーラ系が[2.0.1.23]、サンデーサイレンス系が[1.3.3.26]、ミスタープロスペクター系が[1.3.2.18]、非サンデーサイレンスのヘイルトゥリーズン系が[1.1.0.14]など、幅広い系統から勝ち馬が出ている。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。