sportsnavi

2017年3月19日(日)

11R

2017年3月19日(日) | 2回中山7日 | 15:45発走

第66回フジテレビ賞スプリングステークス(GII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

勝利には前走3着以内が絶対条件。人気サイド&重賞好走馬を狙いたい

配当傾向

過去10年で1番人気は[4.3.3.0]と軸馬には申し分なし。2〜6番人気のトータルが[6.4.4.36]で、このあたりが相手候補だ。10年中8回は単勝オッズ8倍未満の馬が勝っていて、もっとも人気薄の勝ち馬は6番人気で14.1倍のスマイルジャックだった。上位が安定しているだけに、馬連は640円〜20010円で万馬券2回、3連複は1180円〜17500円で万馬券1回、3連単は8250円〜184520円で10万馬券は1回と、超大荒れは期待できないと考えていいだろう。7番人気以下は[0.3.3.78]、単勝オッズ15倍以上の馬は[0.3.4.86]と2着・3着ならありそう。実際2008年から6年連続で8番人気以下が馬券に絡んだ。1〜2番人気の決着も10年間出ておらず、1番人気を軸に、相手としては人気サイドから人気薄まで幅広くピックアップしたいところだ。

前走傾向

過去10年の勝ち馬10頭中、前走1着馬が5頭、2着だった馬が1頭、3着だった馬が4頭と、すべて前走3着以内。このうち前走2〜3着だった5頭は、勝ち馬との差が最大でも0.2秒だった。前走負け過ぎのタイプは、ここでは勝てそうもない。前走のレース別では共同通信杯組が[2.3.1.13]、きさらぎ賞組が[2.1.0.6]で主力。ただし「前走・芝1800m〜2000mの500万下で1着」という馬も[3.1.1.12]と上々で、3年連続でこのタイプが勝利しているので要注意だ。やや不満なのは朝日杯FSから久々という馬の[1.1.3.4]。前走が新馬・未勝利戦だった馬が[0.0.0.8]、前走がダートだと[0.0.0.18]と用なし。前走からの間隔が3週以内と詰まっている馬も[0.1.1.26]と冴えない。きさらぎ賞、共同通信杯、芝中距離500万下の好走組を中心として馬券を考えたい。

血統傾向

ネオユニヴァース、ステイゴールド、アグネスタキオン、フジキセキ、ブラックタイド、ディープインパクトの産駒が各1勝をあげており、これらサンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[6.6.5.56]という成績。出走馬の約半数がこの血統なので上位に来る回数が多くても当然だが、得意とする舞台であることも確かだ。3番人気以内なら[4.3.2.4]とさらに安定し、6番人気以下でも[0.2.3.47]とヒモ穴の気配を漂わせている。

それ以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[2.1.0.15]で勝率11.1%。連対した3頭は2番人気、6番人気、8番人気と、サンデーサイレンス系よりも穴っぽいのが特徴。勝ち馬の父はタニノギムレットとシンボリクリスエス(母父はサンデーサイレンスとフジキセキ)だった。

上記の種牡馬たちは現役時代、3歳春のクラシックロードで好走した馬ばかり。産駒にもその特徴が受け継がれ、このレースで上位を争うことになるのだろう。今後も「クラシックの主役だったヘイルトゥリーズン系/サンデーサイレンス系種牡馬の産駒」は積極的に狙っていきたい。。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.2.0.20]。6番人気以下では[0.0.0.12]だから、5番人気以内の時だけ狙いたいタイプといえる。連対馬の父は、ゼンノエルシド、ローエングリン、Henny Hughes。マイラータイプの種牡馬が好成績を収めていることも特徴的だろう。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.1.5.11]。3番人気以内で[0.0.3.3]とアテにできないタイプだ。馬券に絡んだ6頭のうち4頭がキングカメハメハ産駒である。

ナスルーラ系からはRahy産駒フライングアップルの1着があるが、この馬は1番人気に推されていた。系統成績は[1.0.0.10]。よほど実力を高く評価されていない限り消してしまいたいところだ。

母の父を系統別に見るとサンデーサイレンス系が[3.2.2.22]の勝率10.3%、ノーザンダンサー系が[3.3.5.30]の複勝率26.8%で、この2系統が中心を担う。逆に母父がサンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬という馬は[0.1.0.9]と苦戦を強いられている。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。