IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年5月7日(日)

11R

2017年5月7日(日) | 2回東京6日 | 15:40発走

第22回NHKマイルカップ(GI)

芝・左 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9500、3800、2400、1400、950万円 |

前走1600〜1800mの重賞上位馬中心。人気馬から入っても高配当を狙える

配当傾向

過去10年で1番人気は[6.1.0.3]。買うなら連軸より単勝や馬単・3連単のアタマだろう。2〜5番人気が計[1.7.3.29]で相手候補となるが、6〜9番人気は[0.1.1.38]と不振。ところが10番人気以下は[3.1.6.80]と激走している。馬連は940円〜30800円で万馬券は4回。3連複は最低が2040円で、3回の万馬券に加え、13万馬券、18万馬券、31万馬券、そして2007年の122万馬券と高配当連発だ。3連単は最低が7920円で、残り9回は万馬券以上。11万馬券、26万馬券、68万馬券、123万馬券、238万馬券、そして2007年の973万馬券と荒れまくっている。買うなら1番人気をアタマにした3連単か。もちろんヒモには必ず10番人気以下もピックアップしておきたい。マルチで買っておけば「穴馬が1着に来て超高額配当」というワクワクも味わえそうだ。

前走傾向

[4.1.4.57]のニュージーランドトロフィー組が中心勢力だが、勝率は6.1%とさほど高くない。毎日杯組が[2.1.0.6]、皐月賞組が[1.3.2.14]、桜花賞組が[2.0.0.8]、アーリントンC組が[1.0.0.1]で、ここまでの5レースのトータルが[10.5.6.86]で軸馬&相手候補。これ以外の重賞組は[0.4.3.25]でヒモ候補ということになる。これら前走重賞組のうち、前走1着馬が[4.2.0.15]の勝率19.0%と優秀。負けていても0.5秒差以内なら[4.5.5.49]と勝ち負けできる。前走がオープン特別だった馬は[0.1.1.32]と苦戦し、500万下条件だった馬は[0.0.0.7]で用なし。前走1200mからの臨戦も[0.0.1.8]と苦しく、1400mからでも[0.2.0.33]と買いにくい。総合すると、1600〜1800mの重賞上位馬が本命、重賞惜敗馬が対抗といったイメージだ。

血統傾向

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[7.3.5.50]。勝率10.8%、連対率15.4%、複勝率23.1%は上々の数字だ。1番人気で6戦5勝と信頼度も高い。

菊花賞や天皇賞(春)を勝ったマンハッタンカフェが2009年1着のジョーカプチーノを出しているが、ダイワメジャー産駒が2勝、アグネスタキオン産駒、フジキセキ産駒、スズカフェニックス産駒、ディープインパクト産駒が各1勝と、やはり短距離〜中距離に向く種牡馬に注目したいところである。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[0.2.0.13]で10年間未勝利。馬券に絡んだのは5番人気レッドスパーダ(父タイキシャトル)、3番人気アルフレード(父シンボリクリスエス)で、穴馬が激走する可能性は低く、人気サイドだけ押さえればいいといった感じか。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[2.5.1.39]。出走数ではサンデーサイレンス系に次ぐのだが、勝率は4.3%と低く、2着が多い印象。ただし2007年にはフレンチデピュティ産駒のピンクカメオ、キングヘイロー産駒のローレルゲレイロとムラマサノヨートーで「1・2・3フィニッシュ」を飾り、3連単973万馬券を演出。2013年にもクロフネ産駒インパルスヒーローが6番人気で2着、2014年にはヨハネスブルグ産駒タガノブルグが17番人気で2着、2015年はクロフネ産駒クラリティスカイとHarlan s Holiday産駒アルビアーノの決着。穴馬の激走も含め、要注意の系統ではあり続けている。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.0.3.31]。かつてはKingmambo産駒のキングカメハメハが1番人気で勝っているが、近年は3着がやっと。ただしAldebaran産駒ダノンゴーゴーが14番人気3着、アグネスデジタル産駒グランプリエンゼルが13番人気3着と穴馬の大駆けもある。

ナスルーラ系種牡馬の産駒が[1.0.1.16]。サクラバクシンオー産駒グランプリボスが勝ち、チチカステナンゴ産駒キングズオブザサンが3着に来ているが、どちらも母父がサンデーサイレンス。これが好走の理由かもしれない。

その母父についてだが、ノーザンダンサー系が[5.3.3.46]と上位馬を多く出しているものの、サンデーサイレンス系が[2.3.2.26]、それ以外のヘイルトゥリーズン系が[1.0.1.13]、ナスルーラ系が[1.2.1.27]、ミスタープロスペクター系は[1.2.2.20]と、どの系統からでも勝ち馬は出る。

創設当初は外国産馬が上位を独占していたが、マル外の優勝は2001年のクロフネが最後。過去10年は[0.1.1.15]と苦戦しており、もはや外国産馬であることは割引材料となっている点は心しておきたい。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。