2016年12月18日(日)

11R

2016年12月18日(日) | 5回阪神6日 | 15:40発走

第68回朝日杯フューチュリティステークス(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 |

前走重賞または500万下の勝ち馬が狙い目。母父サンデーサイレンスにも要注目

配当傾向

過去10年で1番人気は[3.2.2.3]。馬券に絡まなかった3頭も掲示板は確保している。2番人気が[3.1.1.5]とキッチリ対抗格の役割を果たし、3〜5番人気も合計で[3.3.5.19]ならそう悪くはない。6番人気以下も[1.4.2.104]で2着なら十分あり、5年連続で馬券に絡んでいるので要注意だ。とはいえ穴馬が3着以内に来るのは年に1頭。大荒れとはならず、馬連万馬券は10年間で1回だけ。3連複は万馬券が3回で最高でも27430円。3連単は万馬券が6回、10万馬券以上が3回で最高が162960円となっている。馬券は1〜5番人気の組合せを軸に、6番人気以下の穴馬を1〜2頭混ぜ込む形がベターか。少しでも高配当を目指すなら、1番人気ではなく2〜5番人気をアタマにした3連単ということになるだろうが、大儲けは期待しないほうがいいだろう。

前走傾向

前走重賞組は[5.9.6.67]で勝率5.7%止まり。単勝より連勝・3連複の軸に向く。この組は前走1着なら[3.3.4.12]と安定しているが、前走2着馬は[0.3.1.19]となぜか不振。前走3〜4着だと[2.2.1.8]と盛り返し、前走5着以下は[0.1.0.28]と苦しくなる。いっぽう前走500万下組は[4.1.4.37]の勝率8.7%と好調だ。この組は前走1着なら[4.1.4.29]、2着以下だと[0.0.0.8]なので前走勝利が絶対条件だ。前走の競馬場に着目すると、東京組が[7.7.5.69]、新潟組が[2.0.1.0]と上々で、その他の競馬場からの臨戦だと[1.3.4.62]、勝ったのは昨年のリオンディーズだけ。前走の距離別では、1600mだった馬が[5.3.6.31]、1800mだった馬が[3.2.1.25]と、この2つが狙い目。1400mだった馬は[1.5.3.53]だから、2着候補として考えたい。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒は[2.2.5.55]。勝率3.1%というのは、この系統にしてはかなり低い数字だ。1〜3番人気に限っても[2.0.2.10]と物足りない成績。闇雲に中心視するのは危険だ。

非サンデーサイレンス系のヘイルトゥリーズン系は[2.0.0.9]。ここから出た勝ち馬はグラスワンダー産駒のセイウンワンダー(2番人気)、シンボリクリスエス産駒のアルフレード(1番人気)。4番人気以下だった8頭は[0.0.0.8]なので「人気サイドなら狙える」といったところか。

安定感では[3.4.2.19]のノーザンダンサー系。この10年間で1頭も1番人気になっていないのに勝率10.7%、連対率25.0%、複勝率32.1%はなかなかの数字だ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[2.3.2.28]。連対しているのはキングカメハメハ産駒だけで、それ以外は狙いにくい。ただし1〜3番人気だった5頭は[2.2.1.0]だから、レースの中心馬なら恥ずかしい走りはしないはず。逆に6番人気以下では[0.0.1.25]と穴馬の激走は期待しにくい。

ナスルーラ系が[1.1.1.18]。サクラバクシンオー産駒のグランプリボスが勝っているが、勝率は4.8%、連対率も9.5%止まりだ。

母の父では[6.3.2.24]というサンデーサイレンス系に要注目。2008年から毎年必ず馬券に絡んでいて、2012年は1・2・3着、昨年は1・2フィニッシュ。いま、朝日杯でもっとも狙いたい存在だ。

逆に母父がノーザンダンサー系種牡馬だと[0.4.4.44]と勝利から遠ざかり、2着や3着に甘んじるケースが増える。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。