sportsnavi

2016年4月9日(土)

11R

2016年4月9日(土) | 2回阪神5日 | 15:35発走

第59回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

上昇馬の勢いに要注目の荒れるレース。距離変更も意識したい

配当傾向

昨年までは1400m戦だったが、今年から1600mに変更。傾向がガラリ一変する可能性も秘めているが、ひとまず過去10年の成績をまとめてみよう。1番人気は[3.1.1.5]と半数が馬券から消え、2番人気も[1.2.0.7]と不調、3番人気は[0.3.2.5]と未勝利だ。対して5番人気以下が[5.3.5.101]とたびたび好走している。単勝オッズでいうと、5倍未満の馬が[4.3.1.10]と安定しているのは当然として、10.0〜29.9倍の中穴も[3.5.5.38]とよく馬券に絡んでいる。波乱ムードの漂うレースだ。各馬券も、単勝は最高が5510円、馬連は最高が22180円、3連複は万馬券4回で最高が74400円、3連単では44万馬券が2回に14万馬券が1回出ている。2010年には1〜3番人気がそろって掲示板を外しており、また1番人気と2番人気が同時に馬券圏内に入ったのは2006年だけ。人気〜穴馬まで手広く買い、高配当の目も押さえたいレースといえそうだ。

前走傾向

前走が重賞だった馬が[2.7.8.61]で勝率2.6%、2〜3着に甘んじることが多いのに対し、オープン特別からの臨戦だと[3.2.1.26]で勝率9.4%、準オープンを使ってきた馬が[5.1.1.28]で勝率14.3%と、昇級戦でも通用するどころか「前走の格が下だと成績は上」という逆転現象が起きている。前走の着順に注目すると、1着なら[7.1.2.26]の勝率19.4%で断然の本命候補、2〜3着だった馬は[2.4.1.14]の連対率28.6%で相手候補というイメージ。いっぽう4着以下だった馬は[1.5.7.83]と3着に入ることが多く、格よりも勢いが大切な一戦だ。前走の距離別では、1200mか1400mだった馬が[7.2.4.54]、1600m以上からの臨戦だと[3.8.6.70]。短距離馬が勝ち、マイラーは2着3着というケースが多かったわけだが、距離変更となる今年はどうなるだろうか?

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬の産駒が[7.7.5.63]。出走頭数が多いこともあり、毎年必ず馬券に絡んでいる。2008年、2012年、2013年は1〜3着までを独占し、2014年は1・2フィニッシュだった。勝ち馬7頭の父は、ダンスインザダーク、フジキセキ、アグネスタキオン、スペシャルウィーク、ディープインパクトと、サンデーサイレンス系の中でも、スピード型ではなく中距離〜クラシックで通用しそうなタイプたちが優勢だ。

ただし昨年の阪神・芝コースにおけるサンデーサイレンス系の成績は、1400mで勝率7.5%、1600mで6.3%と、意外にもマイル戦の方が数字は悪い。今年、このレースがマイル戦に変更される影響が出ないとも限らない。

サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[1.0.0.3]。出走数が少ないため確固としたことはいいにくいが、昨年はブライアンズタイム産駒カフェブリリアントが4番人気で1着。走れないわけではなさそうだ。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.1.3.29]。馬券に絡んだ5頭の内訳は、クロフネ産駒が3頭、ダンシングブレーヴとフレンチデピュティの産駒が各1頭。フレンチデピュティ〜クロフネの親子種牡馬には一応の注意が必要だろうが、ノーザンダンサー系全体としては勝率2.9%と低く、1〜3番人気だった7頭のうち5頭が馬券圏外に敗れている。過信すべきではない。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.1.1.18]。勝ったのは2006年のエンドスウィープ産駒ラインクラフトだけで、やはり信頼しにくい成績だ。

さらに悪いのがナスルーラ系で、[0.1.1.10]と未勝利。2007年にエアジハード産駒アグネスラズベリが3番人気2着、2010年にサクラバクシンオー産駒カノヤザクラが10番人気3着と、時おり馬券に絡むものの、他の系統を脅かすまでには至っていない。

母の父の系統別成績を見ると、ノーザンダンサー系が10年トータルで[7.5.3.43]、勝率12.1%、連対率20.7%と優れた数字を残している。母父ノーザンダンサー系というタイプは毎年必ず連対しており、馬券の軸はここから見つけるべきだろう。

母父ナスルーラ系は[1.2.3.24]、母父サンデーサイレンス系は[1.2.0.17]で、なんとか勝ち負けに持ち込めそう。これらに対して苦戦しているのが母父ミスタープロスペクター系で[0.1.2.19]。ラドラーダ(母父Seeking the Gold)、スプリングサンダー(母父Kingmambo)、ハナズゴール(母父シャンハイ)が1番人気にもかかわらず馬券から消えている。割り引いて考えたい。また母父がサンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系の場合も[0.0.1.10]。こちらは人気になることは少ないが、穴馬の激走もまた少ないといえそうだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。