sportsnavi

2016年11月20日(日)

11R

2016年11月20日(日) | 5回京都6日 | 15:40発走

第33回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10300、4100、2600、1500、1030万円 | レコードが出たレース

馬券は人気サイド+穴馬が基本。前走1着または6〜9着馬に要注意

配当傾向

過去10年で1番人気は[3.3.2.2]。単勝オッズが4.0倍以下だった8頭はすべて馬券に絡んでいて信頼度は高い。2〜5番人気も[5.5.4.26]と堅実で、6番人気以下も[2.2.4.121]と穴を開けている。単勝オッズ別では、5倍未満の馬が[4.3.2.5]、5倍以上10倍未満が[2.5.3.13]、10倍以上が[4.2.5.131]。10倍以上の馬が3着以内に2頭来た年が4回ある。馬連は650円〜14240円の範囲で万馬券は2回、3連複は2000円〜53970円の範囲で万馬券が5回。3連単は6回が万馬券、4回が10万〜47万馬券で100万馬券はゼロだ。極端に荒れるわけでもガチガチでもないという印象。単勝5倍未満の人気サイド(特に1番人気)を軸として、10倍以下を数頭、10倍以上の伏兵も数頭ヒックアップし、上手く組み合わせたバランスの取れた馬券が有効なようだ。

前走傾向

過去10年、天皇賞(秋)からの臨戦組が[4.1.1.14]で勝率20.0%。この組は1〜4番人気で[4.1.1.5]、5番人気以下で[0.0.0.9]だから、有力視されていれば文句なしに買いたい。他では富士S組が2勝、スワンS組、京都大賞典組、府中牝馬S組、安田記念以来の馬が各1勝。このグループは1〜3番人気で[1.5.1.6]と2着が多く、4番人気以下で[5.2.2.80]と穴っぽい存在だ。スプリンターズS組は[0.1.1.5]、毎日王冠組は[0.1.1.11]とやや不振。前走1着馬が[5.4.4.19]の勝率15.6%と信頼度は高いが、意外な狙い目は前走で“チョイ負け の馬より力を出し切れなかった馬たち。前走6〜9着馬が[4.3.1.37]と奮闘し、また前走タイム差なし〜0.2秒差で負けていた馬の[0.2.3.32]に対して0.3〜0.9秒差負けの馬が[5.4.3.69]と好成績を残しているのだ。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒が[6.5.7.72]、その他のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[1.1.0.13]、ノーザンダンサー系種牡馬の産駒が[2.2.1.35]、ナスルーラ系が[1.1.0.13]。以上の4系統は勝率5.0〜6.7%、連対率10.0〜13.3%、複勝率12.5%〜20.0%の範囲内で、まったくの互角といっていい。

1〜3番人気に限ると、サンデーサイレンス系が[3.5.2.9]、ナスルーラ系が[1.1.0.2]で、この両者は人気なら買いたい。いっぽう6番人気以下だと、ナスルーラ系は[0.0.0.11]と用なしになる。

主要系統中、唯一苦戦しているのがミスタープロスペクター系。[0.1.2.16]と2〜3着がやっと。馬券に絡んだ3回中2回は外国馬サプレザ(英G1馬)だったので、国内組は相当割り引いて考えたい。

母の父の系統別成績はかなり極端で、母父がノーザンダンサー系種牡馬という馬の成績は[8.4.7.47]の勝率12.1%。毎年必ず馬券に絡んでおり、一昨年は1〜3着独占、昨年も1・2フィニッシュだった。軸馬はぜひとも「母の父がノーザンダンサー系」から選びたい。

母父がサンデーサイレンス系だと[0.1.0.26]。馬券に絡んだのは1番人気だったグランプリボスだけなので、これはかなりの割引材料だ。また母父がナスルーラ系だと[0.1.1.23]で、こちらも勝利は難しそうだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。