2016年10月23日(日)

11R

2016年10月23日(日) | 4回京都7日 | 15:40発走

第77回菊花賞(GI)

芝・右・外 3000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:11500、4600、2900、1700、1150万円 | レコードが出たレース

神戸新聞杯の上位馬が中心で、断然の存在がいれば黙って買える

配当傾向

過去10年で1番人気は[4.1.2.3]。単勝オッズが2倍を切っていたオルフェーヴル、ゴールドシップ、エピファネイアは圧勝したが、それ以外は[1.1.2.3]と安定感を欠く。前記3頭が勝った年は馬連が330〜960円、3連複は1050〜4830円、3連単は2190〜12450円と配当も安めだ。これらを除く7年は、馬連が2170〜17820円、3連複は3630〜92720円で万馬券5回、3連単は27890〜523990円で10万馬券以上4回と荒れる傾向にある。単勝オッズが2倍を切る絶対的軸馬がいればそこから堅くまとめた馬券がベター。そうでなければ穴を狙っていいレースといえる。1番人気を嫌うなら[0.3.0.7]の2番人気より[3.3.3.21]の3〜5番人気が狙いどころか。また単勝オッズ15倍以上の馬が10年間で12頭も馬券に絡んでいるので、人気薄も積極的にピックアップしたい。

前走傾向

過去10年、神戸新聞杯組が[8.7.5.50]で勝率11.4%と優秀。神戸新聞杯1着馬が[3.2.1.3]、3着馬が[4.1.1.3]だから、このいずれかが本命候補。2着馬は[1.3.0.4]で連軸のイメージだ。4着以下だと[0.1.3.40]と一気に好走確率が下がる。セントライト記念組は[1.2.2.43]と苦戦。昨年キタサンブラックが勝ったものの、信頼感では神戸新聞杯組に劣る。特にセントライト記念で4着以下だと10年間で[0.0.0.23]と消し材料になる。これ以外の重賞からは[0.1.0.7]と不振だ。むしろ注意すべきは古馬相手の1000万下条件戦(芝1800m以上)を先行して快勝してきた馬。2009年・8番人気1着のスリーロールス、2010年・13番人気3着ビートブラック、2013年。3番人気3着バンデ、2014年・7番人気3着のゴールドアクターが該当する。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちからなるサンデーサイレンス系の産駒が[5.8.6.85]で、馬券に絡む回数としては最多。が、勝率は4.8%と並以下の数字だし、菊花賞馬マンハッタンカフェの産駒が[0.0.0.13]、三冠馬ディープインパクトの産駒も[0.2.1.16]と、有望そうに見える血統でもこのレースに向いているとは言い難い。

ただ、過去10年のうち2010年を除く9年で連対しており、連対馬13頭中8頭が神戸新聞杯1〜3着馬。この条件に該当するなら馬券には組み込んでおきたい。

その他のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[1.1.3.23]で勝率は3.6%止まり。前走1〜3着なら[1.1.3.13]、4着以下なら[0.0.0.10]だから、前走着順で取捨選択したい。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.1.0.13]、ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.0.1.19]。これらもまた前走1〜3着なら[2.1.1.19]、4着以下なら[0.0.0.13]だ。ナスルーラ系が[2.0.0.8]で勝つか8着以下かという極端な成績を残している。

勝ち馬の父を見ると、エルコンドルパサー(ジャパンC)、ホワイトマズル(伊ダービー)、ジャングルポケット(日本ダービーとジャパンC)、ダンスインザダーク(日本ダービー2着)、バゴ(凱旋門賞)、ステイゴールド(香港ヴァーズ)、シンボリクリスエス(日本ダービー2着)、スペシャルウィーク(日本ダービーとジャパンC)と、2400mG1級で勝ち負けできる底力は必須といえる。

母の父の系統別成績は、ノーザンダンサー系が[1.5.3.43]と3着以内に9頭を送り込んでいるものの、勝率は1.9%。それより要注目は母父サンデーサイレンス系というタイプで、[4.1.1.32]、勝率10.5%をマークしている。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。