sportsnavi

2016年10月16日(日)

11R

2016年10月16日(日) | 4回京都5日 | 15:40発走

第21回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:9200、3700、2300、1400、920万円 | レコードが出たレース

2番人気や前哨戦上位馬が軸。超大荒れもあるが、堅く収まる可能性が高い

配当傾向

ブラックエンブレムの勝った2008年は11-8-16番人気の決着で、馬連23080円、3連複186万馬券、3連単1098万馬券の大荒れとなった。また荒れる可能性も否定できないが、過去10年のうち2008年以外の9年は馬連万馬券なし、3連複万馬券は2回だけ、3連単は万馬券以上が7回あるものの最高は23万馬券にとどまっている。つまり2008年以外は常識的な配当に収まっているといえるだろう。過去10年、1番人気は[3.1.3.3]でトールポピー以外の9頭は掲示板に載っているし、2番人気も[4.2.1.3]と好調、3番人気も[2.1.0.7]と無視できない。1〜3番人気の合計は[9.4.4.13]だ。4番人気以下は[1.6.6.136]と2〜3着が多く、勝利はブラックエンブレムだけ。1〜3番人気を軸に、2〜3着には穴馬も含める馬券戦略で臨みたい。

前走傾向

ローズS組が過去10年で[7.8.4.61]と、まずはこのローテーションが中心。ローズS1〜4着馬が[6.7.3.23]、ローズS1〜4番人気馬が[7.4.2.24]だから、軸馬はこの条件で絞り込みたい。ほかではクイーンS1着馬が[1.0.1.1]なので、古馬相手に善戦してきた馬も無視できない。オークス以来ぶっつけという馬は[1.0.0.12]と信頼度は低く、唯一の勝ち馬はデビュー4連勝でオークスを制したカワカミプリンセス。無敗の素質馬に限って、このローテーションを克服できるようだ。紫苑S組は[1.0.0.38]。ショウナンパンドラが勝利しているものの、このステップで臨む馬の評価は下げたい。前走が条件戦だった馬も[0.1.2.23]と苦戦。ローズSの上位人気&上位着順馬、クイーンS勝ち馬、いるなら無敗のオークス馬、といったメンバーで馬券を組み立てたい。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬の産駒は[6.10.2.75]。勝率6.5%は並の数字なので信頼度としては高くないが、10年連続で連に絡んでいるため軸馬には向きそう。1〜3番人気だと[6.4.1.8]、4番人気以下では[0.6.1.67]というデータから「人気サイドなら連軸か馬単や3連単のアタマ、人気薄なら2着候補」と使い分けるのがコツだ。

非サンデーサイレンス系のヘイルトゥリーズン系は[0.0.2.11]と苦戦。ウオッカが1番人気3着、ミッドサマーフェアが5番人気11着など、秋華賞との相性はあまり良くないようだ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[2.0.3.20]。キングカメハメハ産駒アパパネの三冠達成、ウォーエンブレム産駒ブラックエンブレムの激走など、印象深いレースをしてくれている。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[1.0.2.32]。キングヘイロー産駒カワカミプリンセスが2番人気1着、フレンチデピュティ産駒プロヴィナージュが16番人気で3着に逃げ粘り、クロフネ産駒ホエールキャプチャが1番人気3着。1〜2番人気の実績馬または逃げ馬なら馬券に加えておく、といった対策がいいだろう。

ナスルーラ系が[1.0.1.8]。勝ったのはジャングルポケット産駒で2番人気だったアヴェンチュラ、3着に来たのはやはりジャングルポケット産駒で2番人気だったアプリコットフィズ。ジャングルポケット産駒の人気サイドなら買える、といいたいところだが、トールポピーが1番人気で10着に敗れていて、それほど信頼感はない。

母の父の系統別成績は、サンデーサイレンス系が[1.0.6.27]で勝率2.9%、それ以外のヘイルトゥリーズン系が[1.1.0.11]で勝率7.7%、ミスタープロスペクター系が[1.2.1.27]で勝率3.2%、ナスルーラ系が[1.1.1.21]で勝率4.2%と大きな差はなく、各系統から1頭ずつ勝ち馬が出ている。これらに対してノーザンダンサー系は[6.4.2.49]で勝率9.8%と一歩抜け出しているイメージ。しかも1〜3番人気時には[6.2.1.6]で勝率40.0%とハイアベレージだ。4番人気以下だと[0.2.1.43]だから、「母父がノーザンダンサー系の人気馬」はしっかりと買っておきたい。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。