IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年3月27日(日)

11R

2016年3月27日(日) | 2回中京6日 | 15:40発走

第46回高松宮記念(GI)

芝・左 1200m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9800、3900、2500、1500、980万円 |

王道ローテーションを歩む上位人気馬が中心となるレース

配当傾向

過去10年で1番人気が[3.1.3.3]、3番人気も[3.1.3.3]、4番人気が[3.1.0.6]で、ここまでは横一線。2番人気だけが[1.2.1.6]と伸び悩んでいるものの、上位拮抗のイメージだ。ただし上位4頭のボックスでは危険。1〜4番人気の総計は[10.5.7.18]で、4番人気以内の馬が1〜3着を独占したのは2006年と2012年の2回だけ。5番人気以下も[0.5.3.129]と馬券にはたびたび絡んでいる。馬連が1000円以下で収まったのも2回だけで、万馬券が2回。3連複は最低が1070円、最高が69690円で万馬券は4回。3連単は10回中9回が200倍以上で、12万馬券、19万馬券、54万馬券も飛び出している。軸は人気上位馬、相手筆頭も人気サイドで問題ないが、人気薄も手広くピックアップすべきだろう。軸馬と組み立て方さえ間違えなければ高配当も期待できるはずだ。

前走傾向

前走が芝1200mだった馬が[5.4.6.82]、芝1400mだった馬が[5.4.4.44]で、過去10年の勝ち馬すべてがここから出ている。それ以外の臨戦過程だと[0.2.0.21]で、2着の2頭は前走がマイル戦のラインクラフトと芝1800mだったペールギュント。ともにマイルG1で上位に来たことのある馬だ。前走のレース別では、阪急杯組が[5.4.4.38]で勝率9.8%。次いで重賞になって以降のオーシャンSからの臨戦が[3.2.3.62]で続き、シルクロードS組が[1.1.3.15]。この3つのパターンの総計が[9.7.10.115]で王道といえるだろう。これ以外からの臨戦だと[1.3.0.32]で、馬券に絡んだのは前述の2頭+スプリンターズSから直行だったスリープレスナイト+香港G1馬エアロヴェロシティ。G1級の実力の持ち主でないと、王道以外のローテーションでは厳しいといえそうだ。

血統傾向

サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒が[6.2.5.45]で勝率10.3%。全系統平均が5.6%なので優秀な数字に思えるが、実はサンデーサイレンス産駒が[2.1.2.6]、フジキセキ産駒が[3.1.1.12]と、2頭の種牡馬だけで稼いでいるのが実情。この2頭の産駒を除くと[1.0.2.22]で、勝ったのはダイワメジャー産駒のコパノリチャードだけ。過信は禁物かも知れない。

その他のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒は[0.3.1.14]。このうち5番人気以内の馬が[0.3.1.5]、6番人気以下だと[0.0.0.9]と、一定以上の評価を受けた馬でないと馬券に絡めていない。

ノーザンダンサー系種牡馬の産駒は[2.2.1.28]。勝率6.1%、連対率12.1%、複勝率15.2%は並程度の数字だが、馬券に絡んだ5頭は2009年〜2012年の出走馬。成績のよかったサンデーサイレンス産駒がいなくなるのに合わせてノーザンダンサー系が活躍するようになったというイメージだ。

ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[1.2.2.24]。2006年にエンドスウィープ産駒ラインクラフトが2番人気2着、2012年にキングカメハメハ産駒ロードカナロアが1番人気3着、2013年にロードカナロアが1番人気で勝利、アドマイヤムーン産駒ハクサンムーンが10番人気で2着、2015年にハクサンムーンが6番人気2着。特定の馬がよく好走しているのが特徴だ。

ナスルーラ系は[0.1.1.28]と過去10年間未勝利。短距離を得意とするはずのサクラバクシンオー産駒も2002年のショウナンカンプが勝っただけ、ここ10年では[0.0.1.17]と不振だ。

昨年の勝ち馬エアロヴェロシティは父がトムフール系のPins。スプリント戦を滅法得意とする南半球産馬/香港馬だからこそ、マイナー血統でも好走できたと考えていいだろう。

母の父の系統別成績は、ノーザンダンサー系が[4.2.4.49]と最大勢力。ただし勝率6.8%、連対率10.2%は平均的な数字だ。これならむしろ[3.1.1.18]で勝率13.0%のナスルーラ系を上位に見たい。また、キンシャサノキセキの母父はリボー〜ヒズマジェスティ系のPleasant Colony、ビービーガルダンの母父はサーゲイロード系Westminster、アーバニティはレイズアネイティヴ系Affirmed、エアロヴェロシティはサーゲイロード系Kaapstadと、非主流血統からも数多くの上位馬が出ているのもポイントだ。

これらに対して寂しいのがミスタープロスペクター系の[0.3.0.29]、サンデーサイレンス系の[0.2.1.18]、それ以外のヘイルトゥリーズン系の[0.0.2.11]で、勝ち馬を出せていないのが現状である。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。